IMG_7843

考え方の軸は変えてはいけない

考え方や指導方法について、色々言われる事がある。
厳しくした方がいい、ピリピリした空気感が必要、もっと選手達を管理すべき…こんな事をよく言われるが、それは私の考え方の軸にはならない。もし本当に必要な場面があれば取り入れる可能性もあるが、必要だと感じた事はあまりない。

IMG_7843

野球界の体質は古い。子供を大切にするよりは、酷使し、厳しく抑えつけて言う事を聞かす感じは今も昔と変わらない。

子供達が指導者など大人の顔色を伺い、叱られないようにやる、叱られたから一生懸命やる。そんな野球をしている子供達もまだまだ多い。
それが当たり前だった事がおかしいと思う。

IMG_7844

「厳しくハードに体も心も追い込んでいくと、厳しい場面で強い子になる」と言う人もいる。それこそが理想だと言う時代があったから、今でもそれを信じている人もいる。ただ、そこは子供達の性格もある。楽しく前向きに自らを追い込むなら良いと思うが、モノも言わせずやらせて追い込むのは違うと思う。

元々気持ちの強い子は、ここ一番でもメンタルの強さを発揮する。
しかし、気持ちを強く持てない子や、ここ一番弱気になってしまう子を怒る・叱るのやり方で力を発揮したケースはあまり見た事がない。

IMG_7845

私も厳しい中でやってきたが、指導者としての自分は、同じやり方が正しいとは思わない。
自信を持たせたり、励ましたり、話し合ったり、気持ちを乗せて、野球を目一杯楽しんでもらって、そこから技術や考え方を身につけて欲しいと私は思う。

甘い、ゆるい、そんな声もあると思うが、そこにもブレたらいけない。
意識改革や自主性、個性、目標・目的意識、そこを自ら考え実行し、グランドで表現できる子を生み出していく事が、これからの時代は大切になってくると思う。

IMG_7846

一日一日野球を楽しんで欲しい。その中で起きる色々な日々の出来事にも対応できる順応性やコミュニケーション能力も野球という競技の中で養っていくべきだと思う。

優しく楽しく、厳しさは指導者の態度ではなく、練習内容だけでいい。
激しく熱く、でもそこには笑顔と「野球が好き」という気持ちが必要。
その考え方は道場を立ち上げる時から変わっていない。
これからもその軸は変わる事はない。

IMG_7847

IMG_7827

高校は通過点 長い目で

夏の大会が近づいてきた。

コロナ禍の中、色々な対策や制限はあると思うが、無事に開催される事を願っている。

高校野球は、夏の大会という一大行事があるが、長い野球人生から考えれば、まだまだ通過点のうちに過ぎない。

IMG_7827

たった2年と4カ月しかない高校野球生活。
それで全てが決まるわけではない。大学野球、社会人野球、プロ野球、道は厳しくなっていくが、まだまだ高校野球が終わっても、野球は終わりではない。

長い目で野球人生を見つめ、どこで結果を出していきたいかのビジョンを考える事も大事。

IMG_7828

高校野球、人それぞれ考え方はある。
どこでやるかを大事にする人
誰とやるかを大事にする人
どんな野球をやるかを大事にする人
他にも選択肢の基準はあると思うが、絶対的に大事なのは、高校野球2年4カ月の「経験」だと私は思う。

IMG_7830

勝つか負けるか、勝負事は、実力や流れやくじ運、色々な要素が重なるので結果は色々。
その中で、悔しい思いをしたり、実力不足を感じたり、自分達よりレベルが上の相手から学んだり、その先のステージでアピールする自分の長所を見つけたり、そんな経験を高校野球ではして欲しいと思う。

「早熟よりも遅咲き」昔からよく野球界では言われているが、私もそこはそう思う。

IMG_7831

あくまでも高校野球は通過点、長い目で見て、野球人生の設計は考える事も大切だと思う。

IMG_7821

当たり前と思われてきた事も日々考え直す

梅雨に入り、真夏も近づいてきた。
コロナ禍の中、考えなくてはいけない事もたくさんある。

できるだけ感染リスクを下げ、熱中症に気をつけて、一人一人選手の成長プランも大切にして、環境やメニューも工夫して…全て同時進行でやっていくので、頭を休めてる暇はない。

新型コロナの影響が出るまでは、野球ができて当たり前の中でやっていた。今では対策を考えながら野球をする事が当たり前。
時間やメニューなど、感染対策を考えながらの野球になっている。

IMG_7821

昔は、水を飲むな!という時代だった。それが当たり前。
しかし、今は積極的に水分補給をすべきだと思う。
年々暑さが厳しくなっている。子供達のモチベーションと水分補給、練習メニューで熱中症から守っていきたい。
コロナ感染対策や熱中症に気をつけながら、技術的にも内面的にも、この夏成長させていこうと思う。
練習メニューに変化をつけたり、時に私が体を張って選手達を引っ張っていく事も必要だ。

IMG_7822

野球の練習には、他のスポーツを取り入れる事だって大切。
海外の野球では、色々なスポーツをやる事も当たり前になっている。
感性を磨いたり、体の色々な部分を鍛えたり、野球に通ずる共通練習もたくさんある。日本だってそうすべきだと思う。

私の野球人生も当たり前だったが、朝から晩まで野球、試合が多く、気合いと根性で夏は乗り切るもの。
水分はなかなか取れない。暑さと練習の厳しさで食の量が減り、体重や体力が落ちる。野球が辛く 楽しくなくなり、モチベーションが下がる。苦しい苦しいと思っていると熱中症にもなりやすい。
それが当たり前だったが、それは、今 指導者になった私が考え直さなくてはいけない。
そんな世界を乗り越えてきた事を美談とするのではなく、間違いもあり、疑いを持つ必要がある。

IMG_7824

大切な事は何か、選手達を育成するために必要な事は何かを日々見直し、選手達と向き合う現場に落とし込んでいかなくてはいけない。

常に半年先のメニューや育成計画を考えているが、この夏は、道場で今までやってきた当たり前の事も変えて、また新たなプランにチャレンジしながら、選手達の成長のために考え方やメニューを勉強していきたいと思う。

IMG_7788

ケガから学んだ事

私は、現役の頃から、体が万全な状態の時はなかった。
数え出したらキリがないほど、ケガだらけだった。

足の肉離れや股関節の故障のような小さなケガもあれば、肩、肘、腰、膝、足首、指などの骨折から靭帯損傷、靭帯断裂まで大ケガもたくさんした。顔面骨折や歯が欠けたり、打球を受けてケガをしてしまった事もある。
一番酷かったのは、左肩の脱臼骨折で、手術〜リハビリまで、回復に大きく時間がかかってしまった。

IMG_7787

スポーツにはケガは付き物とよく言われる。
確かにそうだと思う。
スポーツをしてる人としてない人では、ケガのリスクは全く違う。
野球もぶつかり合う激しいスポーツではないが、肩や肘をはじめ、全身を使うため、ケガの多いスポーツだと思う。

私の現役時代は、なかなかケガで休む勇気もなく、我慢したり、テーピングで固めてプレーを続けていた。
最高のパフォーマンスはできないが、それでも少しでもアピールしようと必死になっていた。

今は指導者になり、ケガの辛さや大変さもよーく分かっているので、我慢させたり無理はさせたくない。

IMG_7788

ケガをすると、みんなと同じ練習ができない場面もあり、とても辛い。
ただ、そこは考え方しだいで、ケガの時しかできない練習やトレーニングもある。
復活に向けてどうしたらいいか、同じケガをなるべく繰り返さないためにはどうしたらいいか も考えなくてはいけない。

ケガをした人の気持ちも勉強になり、ケガをした時こそ気持ちを強く、辛抱強く、我慢強く、自分のメンタルも成長させなくてはいけない。

ケガから何を学ぶか、ケガから早く復帰するために、自分自身も考え、強くならなくてはいけない。
決してケガはマイナスではない。

IMG_7790

私がケガだらけだったのも実力がない証拠。
辛いと思う時もあったが、知識やトレーニング、人の気持ちやメンタルコントロールなどケガから学んだ事もたくさんあった。

今思うと、ケガというのも、私には必要な事だったと思う。

IMG_7770

新型コロナに梅雨…

新型コロナの影響はまだまだ収まりそうにない。
梅雨入りも発表され、ますます状況は厳しくなってきた。

感染対策を高め、感染リスクを下げ、当たり前にはできない環境と新しく考えたやり方やメニューの中で、育成について毎日考えている。
悩んで寝れない日もあるが、こんな世の中だからこそ、指導者である私がしっかりしなくてはいけない。

IMG_7770

どれだけ新型コロナの影響で環境確保が難しくなったり、野球界に制限ができても、時間だけは止まらない。子供達の育成も止めてはいけない。何があっても指導者である私が諦めてはいけない。

ただ、新型コロナの影響が出る前と同じようにはできない。
感染リスクを下げ、許された環境の中で工夫と努力が必要。
「コロナだったから…」「梅雨で天候の影響を受けたから…」それを言い訳にせず、当たり前だった日常以上に良い練習をし、しっかり育ててあげたいと思う。

IMG_7773

新型コロナや梅雨、その後は真夏…厳しい状況はまだまだ続きそうだが、道場で前向きに頑張る選手達はしっかり守って育てる。

そのための良いメニューも作っている。思い描くビジョンもある。

心の準備もできている。覚悟もできている。
みんなで乗り越えていこうと思っている。

IMG_7758

私は野球界で どんな人間でいたいのか

野球界に身を置いていると、よく耳にする事がある。

良い事ならいくらでも耳にしたいが、残念ながらそうでない事も多い。
選手達の応援や、努力・成長を褒める事であれば喜んで私も話がしたい。

IMG_7758

しかし、よく耳にするのは、そんな前向きな話ばかりではない。

大人が自分中心の考え方で、頑張っている子供達のダメ出しをしたり、良いところには目を向けず、弱点やできない事ばかりを責める。

人の活躍を喜べない、他人には関係ない進路に口を出したり、その先の成長を期待しない…妬み僻みでしかなかったり、人の傷みが分からないのは本当に残念。
私が子供の頃からそんな話をする人達はたくさんいるが、どこまで行っても心が満たされる事はない。だから、永遠に変われないのだと思う。

人を褒められない、人の成長を認められない、人の気持ちが分からない、そんな大人が野球界にもたくさんいる。

IMG_7759

組織で問題が起きる時は、子供ではなく大人の感情の場合が多い。
子供はそういう大人達を見ている。
彼らが大人になった時に同じ事を繰り返さないように、野球以外の考え方や、人・自分と向き合う事も伝えるべきだと思っている。

人を責めてばかりではいけない。
どれだけ野球が上手くても、どれだけ野球の事が詳しくても、どれだけ野球の経験があっても、まず、一番大事なのは「人として」だと思う。

IMG_7762

子供達は大人の思うようにはなかなか生きられない。
野球も、求めるプレーはできなくて当然。
子供らしさを許し、たくさん練習をして、その努力や成長を褒めて喜べる…そんな人間でいたい。

IMG_7746

準備が大事 ・「1」が大事

野球の指導というと、捕り方・投げ方・打ち方など技術的な事を考える人が多い。
調子が上がらない、選手が伸び悩む、その原因は、技術的な部分のどこかにあると考える事が普通かもしれない。
でも、私はその前に原因があるケースが多いと思う。

IMG_7746

指導は、プレーに入るまでの準備と「1」にこだわっている。

守備も打撃も、1番大切なのは準備だと思う。
ゴロやフライ、ボールの捕り方はたくさん練習をするが、その前の準備はあまり重要と考えない指導者や選手は多い。
構え、足の運び、捕球からスローイングまでの準備が1番大切だと思う。

IMG_7747

バッティングも、テイクバック、トップ、そこまでの流れや振り出すまでの準備がきっちりできていないと、高いレベルでは打てない。

そして「1」が大事とは、守備での1歩目、キャッチボール・ノックの1球目、バッティング練習での1球目、その「1」を手抜きしない事。
最初の1歩を大事にして、足を動かして守備は準備しておく、キャッチボールやノックのスローイングも最初から実戦を想定して強く投げておく、バッティング練習も1球目を当てにいったり合わせにいく選手がいるが、1球目から強く振りにいく事も実戦を想定したら大切である。

IMG_7748

その「1」も準備のうちだと思うが、私は、技術指導も大切だと思うが、準備指導も同じぐらい大切だと思っている。

IMG_7736

すぐに結果は出ない 積み重ねたその先にあるもの

野球は本当に難しいスポーツ。

練習をしても、すぐに結果に繋がらない事の方が多い。
どのスポーツもそうだと思うが、野球は特に結果に繋がるまで時間がかかる気がする。

IMG_7734

捕る、投げる、打つにも基本はあり、走塁に関して走る基本もある。
一つ一つ理論や形を頭で覚える事はできるが、それを体が覚え、無意識でもグランドで表現できるようになるまでには、気が遠くなるような果てしない練習と努力の積み重ねが必要。

やってもやってもうまくいかない、心が折れそうになったり、諦めてしまいそうな時もある。成果には個人差もある。
子供達も、毎日毎日進歩できるように地道に頑張っている。
私は、そんな子供達にサポートしたり向き合ったり、どんな形でも手助けをしたいと思う。

IMG_7735

長い練習の積み重ねが、少しずつ良い結果を呼び、時に覚醒の化学反応を起こす。

結果や成長、それはすぐ手にする事はできないが、諦めず、コツコツ積み重ねたその先に、頑張ってきて良かったと思える出来事が訪れるものだと思う。

IMG_7736

人より10回でも良いからバットを多く振る、人より1分でも長く体を柔らかくするためのストレッチ・体操をする、人より1球でも多く投げる意識でキャッチボールをする、走るメニューも手を抜かない…目立つ努力も良いと思うが、こうした細かな目立たない努力、意識の改革、小さな事からコツコツと、必ずその姿勢が良い結果へと繋がり、その姿勢と成長を見てる人がいる。
それができる選手だけが生き残っていく世界だと思う。

IMG_7723

人には持ち味がある

私が現役時代だった25年以上前は、今の時代ほど、選手の体について言わなかった気がする。

確かに高校時代、対戦相手のバッターが大きくてガッチリしていると、怖いなあ…飛ばしそうだなあ…と感じてはいたが、そんな体格の良い選手が当たり前のような時代ではなかった。

IMG_7721

しかし、今は大きな選手がとにかく好まれるように思う。
バッティングに関してはパワーや飛距離、投げるボールは速さや力強さ、その辺りは体が大きいと期待値が高くなるのも事実。

ただ、それが基準になってしまうと、身長や体格で成長途中にあり、体質的にガッチリ型にはなれない選手達が生きていくには野球は難しい世界になってしまう。

IMG_7722

だから私は、体が大きくない選手、細身の選手でも、持ち味を活かせれるように育ててあげたら良いと思うので、育成しながら考えてあげたい。

問い合わせや体験希望のご連絡をいただいてお話をすると「うちの子は体が小さいから…」と悩まれてる方も多い。
私は、体格で決まるわけではないと思っている。
自分の持ち味を活かせば生きる道は必ずある。
自分自身がそこに向き合えるかどうかが大事になるので、やはり考え方から始めていかなくてはいけない問題かもしれない。

IMG_7723

体格が良くて、10本20本ホームランを打つ選手も素晴らしいと思うが、体格は小さくても、バント成功率の高い選手、足が速い選手、守備に信頼がある選手、そんな選手たちも、体格の良い選手と同じように素晴らしいし、戦力として絶対的に必要な選手である。
だからこそ気にしてはいけない。自分にしかない持ち味を磨き、それを必要としてくれる考えの指導者の元で野球がやれたら、必ず道は開けると思う。

IMG_7720

IMG_7679

本当に大事なものは、野球のその先にある

道場で、毎日一緒に野球をしている子供達には、心から野球がうまくなって欲しい、そのためには果てしない努力をしたいと思っている。

ただ、それと同時に子供達に伝えている事がある。

IMG_7679

野球は永遠に追えるものではない。
野球進学、甲子園、大学野球、プロ野球…夢を持てるものは野球にはたくさんあるが、夢を追うには年齢的に限界はある。
草野球など楽しむ事はできるが、夢見る野球は難しくなる。

いつかは野球から離れなくてはいけない時が来る。
30歳40歳になってプロ野球の夢は追う事はできない。

その後の人生が、それまでの野球人生以上に素晴らしいものになるように、今も野球をやる中で、人間性も磨けるように日々考えている。

IMG_7681

どれだけ野球がうまくても、人の気持ちが分からない人間ではいけない。
自己中心的な考え方ではいけない。

野球でどれだけ輝かしい成績を残しても、野球から離れ、社会に出た時に輝く人間でないと、野球で輝いた過去も錆びてしまう。

私も、野球が全てで生きてきた過去がある。
でも、世の中はそれでは生きていけなかった。

野球が上手な良い選手は世の中にたくさんいる。
でも、本当に良い選手かどうかは、野球から離れてからの生き方や人間性だと思う。

野球がうまくなる事も当然大事。
でも、それ以上と言っていいぐらい本当に大事なものは、野球から離れたその先の人生にある。

IMG_7682

最後は人柄や考え方。

人柄や考え方も、野球の現場で地道にコツコツ育てていくべきだと私は思っている。