IMG_6016_s

私の考え方

ここ最近、ネットニュースやテレビ・雑誌で子供達の野球についての問題を目にする事が多い。

勝利至上主義や親の負担について、私のところにも、意見や考えを聞かせて欲しいと依頼が来たりもする。

考え方はそれぞれなので、何が正しいかはわからない。

私は、賛否両論あってもブレない姿勢と変えない信念を大事にしている。

勝利至上主義は良いと思わない。

お茶当番や父母会など、親の負担になる事は必要ない。負担と感じない人もいるが、トラブルの原因になる可能性がある事は基本的にない方がいい。

練習よりも試合の数が上回るのは反対。
厳しさが優先の指導も反対。

この辺りは前々から私は言い続けているが、まだまだ他にも曲げない大事な考え方がある。

指導者は偉くない。地位や名誉も必要ない。

子供達に努力を求めるならば、先に自分が子供達のために努力をする。

子供達が大人の期待に応えようと必死になるなら、まず指導者が子供達の期待に応えれる指導を必死にする。

指導者である私が、まず子供達の前で野球を楽しむ。子供達には楽しみ方を教える。

将来の役に立つような上下関係はあっても良いと思うが、基本的には先輩後輩、同級生は仲良くすればいい。

基本的に挨拶がしっかりできれば良い。必要以上の声出しはいらない。

グランド内で選手達の私語厳禁ルールも必要ない。

まだ言い出せばキリがないほどある。

IMG_6016

大事な事は、やらされる野球ではなく、自分から頑張れるように気持ちのサポートを指導者がする事。
指導者が、子供達や父兄を支配するような組織を作ってはいけない。

当たり前に思えた野球界の流れやしきたりが、本当に子供達の人生のプラスになっているかどうかも考え直す必要がある。

全ては子供達の将来のために野球があり、良い導きができるように指導者がいるんだと思う。
その環境づくりを大切にしたい。

大人の目を気にしながら行動するような子供になって欲しくない。
型にはめず、ルールで縛らず、子供達の感性と個性、才能やセンスを一緒に楽しく探してあげたい。

グランドでの私語も、場面によっては注意も必要だが、コミュニケーション能力を養うため、自然体の子供達を観察するためには、子供達同士で話をしたり、自由な時間も大事だと思う。
メリハリや気持ちのコントロールスイッチを持っていれば問題はない。

考え方に賛否はあって当たり前。でも、信念は曲げない。
子供達とどこまでも向き合う覚悟が私にはある。
自分の信じた道を、自分の信じた指導の道を歩んでいきたいと思う。

IMG_5986_s

新チームスタート

先月、卒団式を終えて、高校へ旅立って行った先輩道場生達。

2月・3月は寂しい気持ちもあったが、高校での活躍を楽しみに最後は明るく送り出した。

それぞれの高校でみんな一生懸命頑張っている。
また中学では学ぶ事・体験できない事が高校ではたくさんある。
一つ一つ経験しながら強くなっていって欲しいと思う。

IMG_5986

道場は4月から新チームがスタートしている。

今までの先輩世代にはない独特のマイペース感とおとしさを感じる新中3世代。
道場内ではゆとり世代などと言われた事もあった。

私は楽しみしかないが、心配する声もある。

去年や一昨年の先輩達とは明らかにキャラクターやカラーが違う。
熱く・激しく・楽しく、そんな言葉がよく似合った先輩世代。
そのカラーを求めているなら心配や不安しかないかもしれない。でも、私はいつも言うが、世代比較・人と人の比較が大嫌い。
大人の理想を押し付けたり、人の意見を聞かない考え方は必要ない。
新しい世代の良さや持ち味に目を向ける前から不安を口にしたり、厳しさを求めていくのは間違っている。

IMG_5987

性格や考え方も十人十色。
熱い選手もいればクールな選手もいる。激しく元気良くやれる選手もいれば気持ちを内に秘めながら
コツコツとマイペースでやっていく選手もいる。
何が正しいと言う基準は私にはない。
求めすぎず、個性を大事にしてあげたい。
求めすぎて 厳しくしすぎて、彼ららしさを失うのも良くない。

IMG_5988

時には期待を裏切ったり、困らせる事もあるが、それが子供。何があっても許す気持ちを持って
温かく長い目で見守ってあげたい。

コツコツ・さりげなく・優しい、そんなカラーの新中3世代。
どの世代にもなかった独特な持ち味のある素敵な世代にしか私には思えない。

何があっても良き理解者でいてあげたい、何があっても道場のかわいい選手達で、
何があっても体を張って助けたい…そう思える新チームの最上級生達はとっても良い奴ら。

IMG_5989

また1年、果てしなく向き合いながら、彼らの力になれるように私の努力からスタートしたいと思う。

IMG_5655-2

卒団を終えて

卒団した彼らには感謝の気持ちでいっぱいだが、全て言葉で伝えるのは難しい…。

苦しい時もたくさんあったと思う。
今年卒団したメンバーは、そんな苦しみも、明るさと気持ちの強さと負けん気の強さで乗り越えてきた。

IMG_5929

一緒に野球をしていると、彼らの前向きな姿勢を見て、野球を楽しんでいる姿を見て、私も、指導者として成長したいと思えてくる。
彼らから学ぶ事はたくさんあった。

道場に来たきっかけはみんなそれぞれ違う。
でも、まだなかなか自分で人生を決めるには難しい年代だが、自分で決めて道場に飛び込み、野球と心の成長目指して頑張ってくれた。
私も、そんな彼らにやってあげられる事は全てやってあげたいと思い、自分なりに尽くしてきた。ただ、力不足もあった事は申し訳ないと思う。
だからこそ、卒団してからも、変わらず助ける。

野球のレベルも高いところにあると思うが、何より心優しい本当に良い奴らだ。

彼らはまだまだ無限の可能性があって、技術はもちろんだが、それ以外にも色々な才能を感じる。
もうすぐに高校野球の世界へと向かっていくが、道場の地獄のような練習を乗り越えてきた精神力と、みんなから愛されてきた人柄を信じて、
またコツコツ人生を積み重ねて欲しいと思う。

IMG_5655
いつまでも、私はそばでサポートする。

卒団しても、かわいいかわいい道場生である事は変わらないから。

IMG_5886-2

残りわずかな時間

道場の中学3年生もいよいよ卒団が近づいてきた。
あと1ヶ月で高校へと旅立っていく。
IMG_5876

卒団間近の中学3年生の中には小学2年生から道場で一緒にやっている選手もいる。

IMG_5877

個性派が揃う中学3年生、ここまでの道のりは色々あったが、私に野球の楽しさや育成の難しさ、
仲間の素晴らしさや練習の大切さを改めて彼らから教わった。

IMG_5879

出会えて良かった、一緒に野球ができて幸せだった、一生の付き合いでいたいと思った…

IMG_5878

そう感じさせてくれる彼らに残された時間、私ができる事は、もう一度野球の基礎を確認し、
人・野球・人生の考え方を改めて伝え、高校で羽ばたけるように仕上げ磨きをしてあげる事だと思う。

IMG_5880

荒削りで、勢いだけで物事を進めようとしたり、感情のコントロールができず衝突もあったり、野球も心もうまくいかない時期も昔はあった彼ら。

IMG_5881

そんな彼らと何度も向き合ってきた。
私の伝えたい事を受け入れ、技術も成長し、人に優しく、道場の新たな歴史を作ってくれた。

IMG_5882

最後まで、そんな彼らの力になりたい。
高校へ行っても、苦しくなったらいつでも飛んで行って助けてあげたいと思う。

IMG_5883

旅立ちが近づいた今、期待や楽しみもあるが、私の本音は寂しさばかり。
もっと一緒に彼らと野球がしたい…。

IMG_5884

IMG_5885

まだ彼らと野球ができる残された時間、色々な感謝を込めて最後まで鍛えようと思う。
2月27日 12:40

IMG_58252

こんな時代だからこそ

IMG_5864

最近はニュースでも子供達の野球について色々な意見が出ている。

勝利至上主義について、体の酷使について、体罰・暴言について…私が子供の時代は当たり前で、
考えられる事もなかったが、時代の流れと共に問題視されるようになってきた。

私も、それらの問題が起きる可能性がある中で、子供達を育成する事が本意ではなかったからチームにはしなかった。

IMG_5867

子供同士の権力差、妬み僻み、見下し、派閥…そのような曇った世界で野球をするのではなく、純粋に野球に向き合い、
目的や目標に向かって厳しい練習を乗り越え、練習の積み重ねを試すための試合を経験し、コツコツ一歩一歩技術と心を成長させていく。
そこに私は努力をしたかった。
そんなチームは全国的にもなかなかなく、試合満載の小・中学生の野球界を考えたら私の信念を貫くことが不可能。
だったら作るしかないと思い道場を立ち上げた。
賛否両論あっても流されてはいけない。自分が大切にしていることを守り抜き、道場の子供達を一生懸命育てることが全て。
子供達との向き合い方もどう思われようと構わない。私の野球経験や社会経験、自分で見たもの聞いたもの勉強したものを信じたい。

IMG_5862

怒る事、力でねじ伏せる事、大人ができる一番楽な指導。私は指導じゃないと思ってる。
そんな指導が正しいと思い込む大人も多い。
言われた事をそのままプレーや発言で表現できる子供は少ない。だからこそ、叱る前に向き合う事・見守り育成する事が大事。
そして指導する側の技量・引き出し・愛情も問われる。

IMG_5860

指導者が謙虚に自分と向き合って、子供のためになる事は何があるのか、さらに自分が成長して、今日指導した自分に何が足らないのか…
そう考える事が指導の基本だと私は思う。

子供達が何を求めているか、子供達を良い人生に導くために自分がまずどうしたらいいか…そこを考えてあげる事も今の時代は絶対に必要。

叱られる事が多いと楽しめない。
楽しすぎるからどんどん練習しなくちゃ!という気持ちにさせてあげたい。

IMG_5865

子供達に努力しろ!気合いが足りない!気持ちが足りない!と言う指導者や大人は結構多い。
子供達に努力しろ!と言う前に努力の仕方を教える。気合いを入れろ!気持ちが足りない!と言うならば、
気合いを入れたり気持ちが入るようなモチベーションにさせてあげないとできるわけがない。

叱られないようにやる・叱られたからやる…今も昔もそんな世界だから、悪循環で野球界はなかなか古い体質が抜けない。

IMG_5866

私のような考え方に対して、甘すぎる…子供達が調子に乗るだけ…という意見もあるが、
意見を言う人は、子供達と向き合う引き出しがないだけだと思う。私はブレない。
こんな時代だからこそ考え方の転換が大事。

野球の技術も大切。でも、その前にコミュニケーション能力や個性、感性、優しさが大切。

IMG_5861

心の成長なくして技術の成長はなし。
その言葉を大事に、またシーズンに向けて子供達と毎日頑張りたいと思う。

IMG_5825

今年も信念は曲げずに

IMG_5828

2018年大晦日まで練習をし、2019年も初練習から無事に道場はスタートしている。

年末年始は、道場OBの高校生や大学生も練習に参加し、道場の小・中学生達と眩しいぐらいの笑顔で一緒に練習をしてくれた。
OB達もだんだん大人になっていくが、やはり小さい頃から練習をしている姿は忘れる事はなく、
私にとってはいつまでもかわいい選手達だ。彼らが大人になっても、変わらず力になってあげたい。

IMG_5836

2018年、失敗と反省、後悔と落ち込みが私の心に残る年になったが、過去を振り返っても仕方ない。
過去を振り返るならば、未来に生かせることがないかを探す時だけでいいと思う。
反省や後悔も大事だが、そこから何を学んでどう良い形にしていくか…
その切り替えと前を向く姿勢がなければ、今年も同じ失敗や反省を繰り返して終わってしまう。
やはり、見つめ直す事、向き合う事が必要なのは自分の心だと思う。

IMG_5835

指導者である以上、1番に自分の地位や名誉・プライドが大事なのではなく、
子供達の心や人生、親が持つ子供への思いを1番に大切にしなくてはいけない。

野球界にいると、周りの世界が見えなくなり、野球界の考え方がベースになり
常識になってしまう。チーム組織にいると特にそうなる傾向にあるが、
私は良いとは思えない。

IMG_5834

勝った負けた、器用不器用、強い弱い…そんな小さな事で子供達が大人から評価されてしまう世界ではいけない。
野球が上手い人が偉い、勝つ事が最優先…それでは人は育たない。
野球を通じて、将来生きていける人間をどう育てるか、
世の中から必要とされる人間になるようにどこまで大人が努力できるか、
そこが大事だと思っている。

野球が上手くても将来生きていけない。

IMG_5833

最後は人間性と心。人の傷みがわかり、立場の弱い人に手を差し伸べる素敵な人間になれれば、
世の中から必要される人間になれる。
私も、その大切さに気づいたのは、野球から離れ、社会に出て失敗してからだった。

IMG_5832

だからこそ、道場での指導・育成には、野球の技術と同じぐらい「人として」という部分も、
大切にブレずにこだわってやっていきたい。

IMG_5831

今年も一年、選手達の踏み台になり、自分も選手達もお父さんお母さんも信じて、
信念は曲げずに前へ進もうと思う。
全ては私の努力しだい…それ以外にないと思う。

IMG_5830

IMG_5829

IMG_5643

今年も終わり

気がつけば、今年もまもなく終わろうとしている。
無我夢中でやっていると、驚くほど一年が早く感じる。

IMG_5560

振り返れば、色々あった一年。

「道場の選手達は大会に出ないのに、何が楽しくて何を目標にやっているの??」と今年もよく聞かれた。

IMG_5566

大会に出たい、勝ち抜いたり優勝に向けて頑張りたい…そこが最高の目標だと思う選手はチームに所属すべき。
野球を楽しむ事、野球を好きでいる事、苦しい練習に向き合う事、人やチームと戦う前に自分の心と戦う事、
高校からその上の世界で必要とされる選手になる事、そんな事を目標に毎日練習に励み、
練習試合や紅白戦で自分の課題を見つける事に道場の選手達は一生懸命頑張っている。

IMG_5639

道場でないとできない事もたくさんある。
そこに価値があると思っているからこそ、信念を曲げずにやってきた。ブレずにこれからもやっていく。

そのスタイルが理解できない人もいると思うが、キラキラ輝いた目で、苦しい練習も受け入れながら、
手を抜かずコツコツ練習をしている子供達の表情を見れば、期待してくれる人、わかってくれる人は必ずいる。そんな子供達を守っていきたい。

IMG_5641

道場の選手達にはまだまだ無限の可能性がある。
上手い下手、器用不器用、勝った負けた、そんな事で子供達が大人から評価されたり、基準にされたりする小さな世界ではいけない。
個性や可能性を信じて、子供達のために果てしない努力が指導者にできるかどうか。
一歩一歩焦らず、子供達を信じて前へ進めてあげたい。

叱られる事やミスや失敗を恐れず、そこから何を学ぶか、一緒に考えて 一緒に苦しみながら、どこまでもサポートする。

IMG_5640

今年も振り返ると、自分で満足に感じた日よりも、自分の引き出しの少なさ・未熟さを痛感した日が圧倒的に多かった…。
悔しさだけが心に残る。もっともっと工夫すれば…もっともっと自分自身と向き合えば…
もっと良い発想が浮かんだり、自分の成長にもつながったかもしれない。
まだまだ自分に対しての厳しさが足りないと感じている。

自分の目指す指導者には程遠い…。
未熟さや甘えがあったと感じている今だから、人のせいにせず、正面から受け止めて、人の何倍も苦しみと失敗と勉強を重ねていく自分でいたい。
そうすれば、自分の思う理想の指導者に少し近づけるかもしれない。

IMG_5642

今年感じた悔しさ未熟さをバネに、来年は今よりもさらに成長した自分で、道場を引っ張っていきたいと思う。

道場の選手達は今年もよく頑張ってきた。OB達も本当によく頑張っでいる。

来年も引き続き、道場生やOBの指導者である前に、彼らの1番のファンでいたいと思っている。

IMG_5643

12131

悩まず、焦らず、求めず

1年は早く、今年も残りわずかとなった。
年末最終日まで練習は続くが、あっという間に時間は過ぎていく。

IMG_5569

新しい選手達との出会いもあり、また私も考えたり勉強したり、子供達の成長のために自分自身の努力が必要だと思う。

新しく出会った選手や、色々な悩みを抱える子供達やお父さんお母さんと話しをすると感じる事はたくさんある。
まず悩む前に考えなくてはいけない事は、子供達が野球を楽しめているか、野球というスポーツの中で、野球以外に学んでいる事は何か、
子供達よりもお父さんお母さんが先回りして子供達の野球を心配しすぎていないか、
勝ち負けを最優先して良い悪いを判断していないか…という事だと私は思う。
悩みの種というのはこのあたりから生まれる事が多い。

IMG_5561

子供自身が好きで始めた野球だと思うが、いつの日か野球が好きという気持ちよりも義務的にやっていたり、
大人の顔色を伺いながら野球をしている子供達も少なくない。

バッターボックスに立てばバッターはボールに集中し、来たボールを打ち返す事が第1の仕事。それが楽しみ。
でも、ベンチからのサインを見落としたり、間違えたりすると叱られてしまうので、サインに集中する子供が多い。
勝利至上主義になると、バントが増えたり、勝ち負けに熱くなりすぎる大人が増え、選手が思い切ってできない、
楽しめない、負けた時に責める、そんな空気が成長を止めているケースは多々ある。

厳しく叱ったり追い込んだりする事も、必要な場面は場合によってはあるかもしれない。
ただ、子供達の精神面を鍛えるという大人が結構いるが、私は大人の自己満足ではないかなと思っている。
叱られながら育った選手や常に追い込まれながらやってきた選手は、大人の目を気にしたり、
大人の顔色を伺って野球をしたり、ミスを怖がったり、ケガを我慢してプレーしたり…
そんな選手も少なくない。それは良い事だと思えない。

IMG_5586

成長を結果ばかりで求めず、野球の技術でしか成長を考えない大人ではいけない。
焦らず、落ち着いて長い目で見守ってあげる事が大事。
好きな野球がいつまでも楽しくあるように、勝ち負けや競争だけで子供達を判断しないように、
何も求めず、将来野球界でも社会に出ても、まわりから必要とされる人間になるように育てる必要がある。

子供達にもっと努力しろ!という指導者は多いが、まず、子供達が前向きに自ら努力できるように、指導者が子供達の成長のために努力する事が先だと思う。

IMG_5572

IMG_5621

応援するという事は…

私は、道場生にもOBにも厳しく言う事は好きではない。必要な時に厳しく指導する事は大事だと思う。
ただ、あくまでも本当に必要な時だけでいい。

IMG_5582

特に野球界には多い気がするが、選手を心から応援しているのか、
応援しているつもりでも結果的に責めているのかわからない人がよくいる。
応援するという事は、プレーを見て拍手を送ったり 褒めたり 励ましたり
色々な形でサポートする事だと思う。どんな結果でも。

その姿も選手達の成長には大事な気がする。

勝とうが負けようが、選手個人が活躍できてもできなくても、優しく迎え入れてあげたい。

そこに「もっとこうするべきだった…」「こうしなきゃダメだ…」そんな言葉は必要ない。
選手達なりに色々考え反省もしている。それ以上厳しく言う必要はない。言うのは現場の監督だけでいい。

IMG_5620

監督やコーチだけでなく、まわりの大人からも厳しく言われ続けている選手はどうなるか…
精神力を鍛えていると思っているのはその大人だけで、追い込まれながらやっている選手は、
人の目を気にして野球をやったり、人が見ている時だけ一生懸命やったり、
環境が変わった時に反動で手を抜くようになったり、逃げ道を探すようになる。
純粋さ素直さも少しずつ失っていく。それでは野球自体も好きではなくなってしまう。

IMG_5577

相談事があれば、側で一緒に考えてあげたい。悩んでいたら全力で支えてあげたい。
選手達にはそんな大人が1番必要だと思う。

IMG_5575

道場のOBも、今 高校野球で頑張っている選手達がたくさんいる。強豪校で頑張っている選手、
何とか自分達の力で強くしようと頑張っている選手、みんなそれぞれ悩み苦しみながら戦っている。
15〜17歳ぐらいの子供達が、期待に応えようと一生懸命やっているだけで充分。

レベルが高い高校野球、簡単には打てない、簡単には勝てない、そこが本当に理解できていれば、
厳しい言葉なんて出てくるはずがない。

自分が言われて不快に感じるような事は、子供達にも言うべきではない。
人の気持ちは子供であっても大事にすべきだと思う。

高校野球の試合を球場に観に行くと、応援の仕方は自由だが、野次を飛ばしたり、
評論家のように選手批判ばかりを口にしている人がいる。
まだまだこれから未来がある大事な選手達、大人の感情や厳しい言葉で選手のメンタルを潰してはいけない。

温かく見守って「応援」してあげる事が必要だと思う。

IMG_5576

IMG_5600

大事なのは子供達の将来

今、私は幅広い年代の選手達と道場で野球をしている。小学校低学年から大学生まで。

一人一人に夢や目標があり、これからの大事な人生がある。

私の信念の一つで、最も大切にしているのは、子供達の将来のためにサポートをしたいという事。
野球を通じて人をどう育てていくか…。
ずっと考えながら向き合っているが、永遠に考え続けていく事なのかもしれない。

子供達の考え方も十人十色、年代によって変化する考え方や目標、選手達の「今」を大切にして、人生の力になれるようにベストを尽くしたい。

野球が上手い選手が偉い、有名チーム・強豪校にいる事が凄い、厳しくする事が正しい…私は間違っている思う。

IMG_5583

野球の運動神経が良く、小さい頃から色々なプレーができる選手や器用な選手はいる。勝ちたい気持ちが優先すると、
そういう選手を頼りたくなる指導者が多いが、選手が天狗になったり、自分は偉い!とならぬよう、謙虚に、
より上を目指せるように向き合う事が大事だと思う。早熟もいれば遅咲きもいる。どちらも最後まで大切に見守ってあげたい。
有名チームや強豪校に入団すること進学することが凄いという風潮もあるが、それも全く思わない。
どこで野球をやろうと、選手がそこに身を置いて、必死にやっている場所が一番素晴らしい。
有名チーム・無名チーム、強豪校・無名校どこでも良い。強いから凄いではなく、野球を楽しみながら一生懸命やれているかが大事。

IMG_5580

体罰・暴力・暴言…昔は当たり前の時代もあったが、いつの時代も良くない事。
力でねじ伏せる指導ではなく、表情やモチベーション、言葉や行動で選手を育てる指導が大切だと思う。
私はそんな指導者になりたくて今も日々勉強している。

IMG_5581

小学生や中学生の頃は「プロ野球選手になりたい!」と夢を持つ選手は多い。
そこは純粋に応援してあげたいし、そうなれるように一生懸命一緒に練習をしたい。
高校生や大学生になると、小さい頃からの夢とは別に、現実的な目標も出てくる。
その目標が野球ではなくても、それに対して私はできる事があれば尽くしてあげたい。

A0EBFD01-93DD-4D4F-8109-431363235870
野球の道場であり、私は野球の指導者ではあるが、子供達の大事な成長段階を共に過ごしている。
野球の素晴らしさや楽しさを伝える事も必要だと思う。
でもその前に、将来、世の中から必要とされる人間になるように、
素直に人を褒めて応援できるような優しさと純粋さを持てる人間になれるように、
自分のためにも人のためにも努力できる人間になれるように育ててあげたいと思う。
野球だけでは生きていけないという厳しい現実もある。
だからこそ、生きていくために必要な事も、練習やコミュニケーションの中に盛り込みながら子供達の人生を大事にしてあげたいと思う。

IMG_5600