IMG_0326-s

なぜ道場を立ち上げたのか…最終章…

会社を退職し、野球を通じて子供達と向き合う事を決めた僕は悩んでいる事があった。
それは、クラブチームを作るのか、自分のやりたい形や信念を貫き新しい形を作るのか…という悩みだ。
言葉に表す以上に深い悩みだった。
野球という伝統あるスポーツであり、新しいものが弾かれる世界でもあるだけに、
認知度の高いクラブチームとは違う新しい形を作って、野球界から弾かれる事を僕が怖がったのだ。
でも、どれだけ考えても、やりたい形はチームではなかった。
自分もクラブチーム出身、勝利に向かって頑張る事が必要ないとは全く思っていない。
高校野球の世界からは、甲子園という存在がある以上、勝利至上主義になってしまう。
だからこそ、まだ小・中学の時は結果より育成が大事だと思う。
さらに、野球界に感じる考え方や古い常識には流されてはいけないと感じていた。

unnamed (1)

野球の現場は、野球だけをやる場ではないと考えている。現場は、社会に出てから必要な考え方や人間性も伝えていける。
それをどんな形で伝えていくかが問題だった。
自分の野球経験、野球から離れ社会に出てからの社会経験、自分の経験してきた事以外で深く学んだ指導者としての勉強、
それら全てを指導に生かすためにはどうしたらいいか、悩んだ僕は指導でのこだわりを書き表してみた。

すると、ここでは書ききれないが、こだわりは50項目以上にもなった。その項目を一つの形として実行していくためには新しいものを作るしかなかった。
批判は覚悟の上だ。
そこで自分の信念は曲げず、子供達と向き合い育成する事を大切にするために、新しく独立した団体として「道場」というものを立ち上げた。
最初は選手一人、指導者の僕一人の二人でスタートした名東野球道場。
大きくしたいわけでもなく、有名になりたいわけでもなく、ただただ純粋に子供と野球を通じて向き合ってみたかった。
フリーペーパーや雑誌、チラシ配りなど、いまだかつて宣伝は一度もした事ないが、噂や情報は流れるのが早く、
立ち上げて1.2年は、批判や嫌味を言われ、気持ちが落ち込んだ事もある。それも学生野球界の良くない体質だと思う。

それでも、道場を信じ、僕を信じ、毎日目を輝かせて練習に来る子供達を見ていると「負けてはいけない。しっかりしなくてはいけない」と
自分に言い聞かせていた。バカにされても何を言われても我慢。悔しさは指導の力に変える、そう思い、一人一人と向き合ってきた。

unnamed (4)

そこから約10年、道場は今もコツコツ成長を続けている。純粋でかわいい子供達も質の良い競争の中、毎日毎日良い顔をして頑張っている。
そんな彼らに、僕ができる事は何か、全ては僕の努力しだい…今も立ち上げた時と変わらず、その信念は1ミリも曲げていない。

野球少年の人口減少、行き過ぎた指導、親の負担、金銭問題、進学問題、厳しい野球界から離れた選手が起こす事件、野球界にはたくさんの問題がある。
ほとんどの問題は、小・中・高校など、学生野球界の考え方や育て方、向き合い方に問題があると私は思う。

私自身も、叱られながらスパルタ・理不尽な世界と言われる中で野球をやってきた。
怒られないように、追い込まれながら毎日苦しんでいた。支配の野球から解放された反動も大きかった。
野球界がやらなくてはいけない事、考え直さなくてはいけない事は多いと感じる。

指導者は偉いわけではない、言う事の全てが正しいとは限らない、勝った時は自分の名誉、負けた時は子供達のせい、
自分の思い通りにならなければ怒る、そんな指導者がまだまだたくさんいる学生野球界。
私も、野球から離れて社会に出て、野球の異常な世界を痛感した。
ルールやしきたり、時間と心の拘束。
野球は気持ちを犠牲にする事があまりにも多すぎる。
上手い選手は偉いという風潮があり、結果を出せず苦しんでいる選手に手を差し伸べる気持ちが薄い。そんな考え方の中で、人の心は育たない。
野球という現場で、今を生きる子供達に上手い下手は関係なく、向き合い育てていかなくてはいけないと思う。

ピリピリした空気の中、言う事を聞かせ、精神修行という言葉を美談とする。そんな世界では、今の自分でも野球をやりたいと思わない。

グランドで楽しくやる事は、緩みやおふざけ、舐めてる・甘くみてる…そんな捉え方をしてしまう指導者や大人は多い。

厳しさという方法ではなく、温かく楽しみながら成長を実感し、向き合い寄り添いながらやっていく野球がなぜいつまでも定着しないのか。
そこには、考え方だけでなく、権力や圧力、変える事が難しい歪んだ常識があるのかもしれない。

unnamed

メンタルや気持ちが弱い子には厳しく、その考え方も間違っている。メンタルや気持ちの強い子は、それも生まれ持っての才能。
逆に弱い子は、寄り添い立ち向かう勇気を持たせてあげるべきだと思う。

ここまで長く綴ってきたが、人を褒める事ができなくて、見下す事や言い訳ばかりで身を守ろうとした自分。
怒られないためには必死にやるフリをしたり、嘘までついた自分。調子良く大人をかわしていく事が正しいと思い込んでいた自分。
その間違いに気づくのが遅かった。

自分があまりに未熟過ぎて、挫折から立ち直るまで時間がかかってしまった事には後悔しかないが、今、道場という形に辿りつけて本当に良かったと思う。

自分と向き合う事ができないと、考え方や心の視点も変わらない。失敗や誤った考え方をしてきた自分も、
今後、子供達の育成に生かす事を自分の中の約束事として、自分で自分自身を許す事にした。

unnamed (3)

自分を許し、未熟な自分を受け入れる心を持つと、人を許し、優しくできる自分も生まれた。過去のスパルタ教育で、溝ができてしまった父との関係も、今は感謝に変わっている。
そして、その父も、優しいおじいちゃんとして道場の子供達に愛情指導を行っている。今は、あの頃の父の気持ちもわかってあげたい自分がいる。

「なぜ道場を立ち上げたのか…」それは自分の人生経験と、そこからたどり着いたこだわりと信念を形にしたかったから。それがチームでは形にできないからである。

unnamed (2)

最後に、私は野球が大嫌いだった。厳しさと苦しさと我慢と挫折、野球から思い出される事はそんな事しかない。
しかし、今 野球が最高に楽しい。その楽しさを教えてくれたのは、間違いなく道場の子供達だ。そんな彼らには感謝しかない。

子供達とやる野球は大好きだ。

IMG_6792-s

なぜ道場を立ち上げたのか…社会人時代②…

大学を卒業して入った大手企業も逃げるように辞め、もうその時の自分は野球をしていた頃の自信と輝きはなかった。
就職難は続いていたため、転職は簡単にはいかず、職人見習いとして飲食店に勤めた。
皿洗いから始め、掃除・仕込み・接客、毎日その流れの繰り返しだったが、心のどこかで「何でこんな事をやらなくちゃいけないんだ」「本当はもっとやれる」挫折をしたにもかかわらず、その現実を受け入れられないプライドと未熟さだけが心に残っていた。

IMG_6791

勤めていた飲食店も、関東〜関西に展開している大きな企業だったが、僕が勤めていた店舗は売上も良くなく、従業員の出入りも激しかった。
僕と一緒に働いていたアルバイトの学生からも「キツイだけだから早く辞めた方がいい」と言われ、僕もどこかで辞める事を考えていた。
ただ、自分の心の中に、苦しくなったらまた逃げていいのか…という気持ちも強くあった。

下積みを重ね数年後、社員に昇格し、職人として働いていた時、社内トラブルがあり社員が大量に辞めた。
僕が勤めていた店の店長も従業員も辞めていき、残ったのは僕とアルバイト一人だった。
これでどうやって営業するのか…と思っていたが、その時は無我夢中でやるしかなかった。
中学時代、強制的にやらされた野球の感覚と似ていた。もう逃げてはいけない、ここで立ち直らなくてはチャンスはないと思い、早朝から夜中まで、休憩なし・休日なしで必死にお店を守った。
しかし、店長経験もなく、人を育てた事もない自分が突然全てを任されても うまくいかず、毎日毎日悩んでいた。
自分で面接をして採用したアルバイトもどんどん辞めてしまう。売上もなかなか上がらない。
自分の力のなさを痛感した。
結果を出したい気持ちや焦りがあり、ついつい自分の思いや やり方を従業員にぶつけてしまう。雰囲気の悪い店ではお客様も従業員もついてくるわけがない事に、何度も何度も失敗してようやく気づき始めた。

従業員が気持ち良く働ければ、良い商品が生み出され 良い接客が生まれる。従業員一人一人にお客様がファンとなってくれれば、顧客になり常連客になる。働く楽しさ、売上を上げていく楽しさ、お客様が増えていく楽しさを知っていくと、一人一人の意識が変わる。

僕は結果を出す事に必死だったが、従業員の気持ちを考えれば、それは野球をやっていた頃の僕と同じだったかもしれない。
どれだけやっても褒められない。指導者の思い通りのプレーをしなければ叱られる。支配されながらやる野球が大嫌いだった。
でも、その時のお店を支配していたのは自分だった。自分がやられて嫌だった事を野球と違う場所で自分がやっていた。
自分の気持ちを優先するより、人の気持ちを先に考える事が大切。
職人を育てるためには失敗した商品を責めるのではなく、良かったところを褒め、一緒に練習してあげる事が大事だった。朝練を始め、良い商品を生み出す事を一緒に楽しんだ。
接客をしている従業員にも、指導より まず「感謝」を伝えた。

IMG_6792

チームというのは自分が作るというより、みんなで育てていくもの。

自分の気持ちを分かって欲しければ、まず相手の気持ちを分かってあげる事が先。そう感じるようになっていった。
従業員がヤル気になってくれれば、良い商品・良い接客が生まれ、売上も上がってくる。
さらにそこで、全員で経営意識を共有し、時間の使い方、経費の考え方を相談し、赤字から黒字にするための道のりを歩み始めた。そこから1年ぐらいし、お店は黒字になった。
会社からも評価され、次々新店舗立ち上げや赤字店舗の立て直しを任された。気づいてみれば関東から関西までたくさんの店舗を管理する統括マネージャーになっていた。
ただ、自分の事より嬉しかったのは、必死に向き合って育ててきた従業員達が、各店舗で店長や店長を支える右腕となって活躍していた事だ。
それでも、僕も満足はせず、自分と考え方や波長が合わない人、履歴書に書ききれないほどの転職を繰り返している人を積極的に採用し、時間をかけて向き合うようにしてきた。
自分と、考え方や波長が合う人と一緒に仕事がしたいのは当たり前だが、自分も成長しなくてはいけない、人に寄り添う気持ちを養わなくてはいけない、そのためには、考え方や波長が合わない人と一緒に過ごす事が大事だと思った。転職を繰り返している人には、自分の向き合い方と努力で辞め癖を食い止めようと思った。

焦らずゆっくり温かく、そして、人を許し、人を助け、人の力になろうと努力する事に自分の信念と生き方を見出す事ができたと思う。
そしていつの日か、今の自分の考え方や やりたい事は、ずっと抱いてきた野球界への不信感に向き合う事だと思うようになった。
従業員に一生懸命向き合って、目標に向かって一緒に努力する事は、野球を愛する子供達にも必要だと思う。少年時代の苦しみやわずかな成功、社会に出てからの挫折、その経験から生まれた考え方や信念、今こそ野球界に戻り、子供達と向き合うべきじゃないかと思った。
自分の努力しだいで、人の心が動くぐらい子供達に尽くしてみたいと思い、僕は会社に退職願を出した。

続く

IMG_6780-s

なぜ道場を立ち上げたのか…社会人時代①

大学を卒業して、大手自動車ディーラーに就職した。就職難と言われた時代に、すんなりと就職できた事で、自分は変な勘違いを入社当時からしていた。
自分はできる、野球の話をすればみんなが興味を示してくれる、会社もドラフト1位ぐらいのレベルで採用したはず、
そんな歪んだ自信が僕の心を覆い尽くしていた。

でも、厳しい現実はすぐに僕の前に立ちはだかった。
新人営業マンとして、自分の名刺とプロフィール用紙を持って、一軒一軒ポストへ投函していった。一週間で1000軒。
もちろんプロフィール用紙には野球経歴を大きく書きアピールした。
何人の方が興味を示してくれるか、余裕を持って楽しみに待っていた。
しかし、連絡もゼロ、名刺を配った1000軒の中で、店頭に車を見に来てくださったお客様もゼロだった。
そのショックは今でも覚えている。
そんなはずはないと思いながら、もう一度、1000軒ご挨拶に回った。

そこで知る現実…。

IMG_6780

ほぼ全軒、名刺もプロフィール用紙も配った方の記憶にすらなかった。簡単に言えば、目も通さず捨てられていたという事。
少しずつ音を立てて崩れていく自信。野球の話に持ち込めばアピールできる。その考えが、いかに甘いかを思い知らされる。
世の中の人がみんな野球に興味があると思い込んでいた自分、大学を卒業し野球から離れ、社会に出た時、
野球以外の場で自分はどうしたらいいのかが全く分からなかった。野球以外の話ができなかった。
それでも守ろうとする歪んだ自信とプライド。野球の経歴が作り上げてしまった部分もあるが、間違いなく未熟すぎた自分がいた。
「自分は一生懸命やっているけど、不景気だから売れない」「どれだけ足を運んでも、お客様は分かってくれない」
毎日毎日言い訳の日々だった。自分は悪くない、周りが分かってくれない、気づけばそんな考え方をしていたので、
会社からもお客様からも理解されるわけがない。

長い間野球を続けてきて、強豪校で主将まで務めて、そんな僕の何に会社が期待してくださったかも当時は気づかずにいた。
だんだん失っていく自信、一日一日勢いをなくしていくヤル気、野球で苦しい日々を乗り越えてきたとは思えないほど弱い人間になっていた。
営業に出て行くのも怖い、上司から厳しい言葉を言われては落ち込む。
気づけば、これ以上ないほどの挫折で私は会社を逃げるように去った。

続く

IMG_5820-s

なぜ道場を立ち上げたのか…大学時代…

中学から始めた野球だが、高校が終わるまで野球を好きになった事は一度もなかった。
苦しみや悲しみ以外はなかったが、唯一良い事と言えば、運が良かった事だと思う。
中学でも高校でも、大事な時に結果が出てくれた。大学に入るための野球の実技試験でも、たまたま調子が良かった。
それは今でも実力だとは思わない。野球の神様が、ここまで頑張ったご褒美にくれた運だと思う。

高校野球を終えた時、好きではなかった野球だが、ここまでやってきたら大学でも続けていこうと思っていた。
ただ、絶対に曲げたくない条件が自分にはあった。それは、家を出る事と父の知り合いがいない場所で野球をする事。
父への感謝もあったが、やはり父の元から離れて野球をやってみたい気持ちと、失敗しても叱られない家に帰ってみたかった。
そして、父の知り合いはほぼ100%野球関係者だったので、比較されず、父の凄さを聞かされない、そんな世界で1度やってみたかった。

IMG_5820

その中で選んだのが、関西の強豪・大阪産業大学だった。東海地区から出ると、父の知り合いもほとんどいないし、
僕の知り合いもほとんどいない、なんとなく1からスタートできる感じが嬉しかった。

中学〜高校までスパルタや支配の中で野球をやってきた僕にとっては、大学野球は夢のような世界だった。
髪を伸ばしても良い、厳しい上下関係もない、車でグランドに行っても良い、球場には流行りの音楽がかかっていて、
練習も自主性に任せているメニューが多く、好きな練習ができた。
今までの野球とは180度違ったので、最初はそれが嬉しくて楽しくて新鮮だった。
練習後、夜はアルバイトをしてお小遣いも稼げた。

しかし、今まで全て指示の中でやってきた野球なので、だんだん自分がどんな練習をすべきかが考えられなくなり、
今やっている練習が正しいかも分からず、技術的な部分も進歩できているか不安だった。

父の元を離れたかったが、父の指導がない中でやる野球は心細かった。

IMG_6531

考えながら野球をやってこなかった分、何をしていいか分からない自分がいた。
同級生や先輩を見ながら成長はしていたが、支配野球から解放された反動で度々野球に身が入らない時期もあった。

レベルの高い選手達の中でやる野球は楽しかったが、大学2年・3年になるにつれて、プロ野球や社会人野球など、
大学から上の世界でやる野球のイメージができなくなってきた。
関西地区の大学野球には巨人やメジャーリーグで活躍した上原投手や、同じく巨人で活躍した二岡選手がいた。
彼らのプレーを見ていると、彼らのような選手が上の世界でやれる選手であり、全く次元が違った。

相変わらずケガだらけだった僕は大学3年の時、左肩を脱臼骨折し手術をした。入院し、リハビリ生活を送る中で、
この先の人生を考えていた。
自分の実力にも限界を感じ、ケガにも嫌気がさし、野球を大学までで終えて違うステージで頑張ろうと思うようになった。
「自分は野球だけの人生は嫌」「野球で学んだ事を他で生かしたい」そんな事を大学4年の時よく口にしていた。
間違いではないが、心の中では野球から逃げた、父を超える事はできないと認めていた。

大学4年で野球部を引退し、愛知に戻り就職活動をした。第一次不景気と当時言われ、就職活動は苦戦すると思っていたが、
中学〜大学まで野球を続け、高校では強豪校の主将を務めたという経歴が面接官の目に止まり、苦戦する事なく大手企業に就職は決まったが、

これが自分の人生を見失う入り口だった。

続く

IMG_6589-s

なぜ道場を立ち上げたのか…高校時代…

運良く享栄高校に入学した僕は、野球のレベルの高さに驚いた。上には上がいるとはよく言うが、まさにその光景がグランドにはあった。

どの先輩も上手で、体も自分の何倍も大きくて、特待生だからと言って勝てる要素は一つもなかった。練習メニューも本当に苦しく厳しいもので、
先輩後輩の上下関係も中学時代とは比較できないほどだった。
どこの学校も当時はそうだったが、今の時代では考えられないほど理不尽な事も多く厳しい世界だった。

毎朝5時頃の電車に乗り、朝練→授業→練習、土日はほぼ試合、帰宅後はフラフラになりながらバットを振り、父に叱られながら疲れ果てて寝る。

体も心もいっぱいいっぱいになった時は、やはりサッカーへの未練や苦しい現状を思いお風呂で号泣していた。

高校1年生はそんな日々で終わってしまい、野球をやれた実感はほとんどない。
強豪校の凄さ、厳しさ、大変さを痛感した1年だった。

IMG_6589

少しペースを掴めた高校野球だったが、高校2年生から高校野球を終えるまで悩まされた2つの問題。
それは父がプロ野球選手だったからこその周りからの目線、もう一つはケガとの戦いだった。

父親と同じ道を進んだ者は、少なからず感じた事はあると思うが、父と比較される事が僕はすごく苦しかった。
父もプロ野球で16年やった人だけに、なかなか簡単に抜けるわけがない。
高校2年生で少しずつ試合に出させてもらえるようになり、少しずつ結果も出だしたが「お父さんと比べると不器用だな」
「お父さんのセンスはお母ちゃんのお腹に置いてきたな」そんな事を父の古くからの友人知人からは言われて落ち込んでいた。
「そんな事言われなくても分かってる…」「元々やりたくてやったわけじゃない野球をやってるのに、何でそこまで言われなくちゃいけないのか…」
そんな気持ちでいつも腐っている自分がいた。

ケガも、捻挫や打撲は日常茶飯事だが、足首外側の靭帯断裂や肉離れ、左肩の脱臼などプレーに支障が出るものばかりだった。
ただ「痛いので休ませてください」「治療したいです」そんな言葉は言いたくても言えなかった。休めば試合には二度と出れない、
休む事はサボる事、そんな空気感が当時の高校野球にはあった。
ケガをした時も、治す事より、明日からどうやってプレーしようかを先に考えていた。テーピングでぐるぐる巻きにして固定をし、痛み止めを飲みながらプレーしていた。
今思うと、テーピング代、薬代…ケガばかりしていた僕にどれだけお金がかかったか分からない。それだけでも親には申し訳ない気持ちになる。

IMG_6629

高校3年生で主将になり、チームをまとめていかなくてはいけない立場になった。
ただ、僕は歴代主将の先輩達のように、プレーに説得力があり、カリスマ性を感じる雰囲気や発言ができる人間ではなかった。

1番に考えた事は理不尽な世界をなくし、厳しい上下関係を考え直し、平和を求める考え方が自分にはあった。

しかし、良くも悪くも伝統というのは継承されてしまい、流れを食い止める事は難しかった。後輩達に優しくする事を良いと思わない同級生もいた。
部員も多く、目を行き届かす事も難しかった。
父に負けないぐらいのプレーをしなくてはいけない、ケガとの戦い、そこに主将としての役割が加わり、最上級生になっても苦しい日々は変わらなかった。

結局、僕が主将を務めた年は甲子園を勝ち取る事はできなかった。チームをまとめきる事も難しく、無我夢中だった事は間違いないが、力のなさだけがただただ残った高校生活だった。

高校生ではあるが、人との関係性の難しさ、チーム作りの難しさを痛感する経験だったと思う。

続く

IMG_3124-s

なぜ道場を立ち上げたのか…僕の少年時代の話…

IMG_3124

僕は、プロ野球選手の父と優しい母の元に生まれた。
小さい頃から野球漬けかと思いきや、小学生の間はサッカー漬けの日々だった。
子供会のソフトボールや公園で友達と遊ぶ野球ぐらいはやったが、本格的に打ち込んだ事は小学生の頃は一度もない。
大して興味もなかった。

ずっとずっとサッカーをやっていくつもりだったが、中学生になる時、父から野球の道を強制的に選ばされた。
今もそうだが、生まれて42年、父に逆らった事はない。
当時も「サッカーを続けたい」の一言が言えず、母に泣きついた事がある。
母も父に何度も話をしてくれたが、父は譲らず、私も父と母のケンカをする姿を見たくはなかった。

IMG_3123

野球の道に進む事を決めた日、今までにないぐらい落ち込んでいた事を覚えている。

最初は中学校の野球部で良いかなぁ…と思っていたが、野球部が新入部員を募集しておらず、
何も知らない私は週末父に連れられ硬式ボールのクラブチームの練習に行った。
その練習を見て、すぐにでも逃げ出したくなった。

坊主頭、厳しい上下関係、厳しく激しく叱り飛ばす指導者、失敗した時はビンタや蹴り、
私が経験してきたサッカーの世界とはあまりに違いすぎて続ける自信は全くなかった。
サッカーの格好で練習に参加した初日は、その格好を笑われ、しかも打てない・捕れない・投げれないで、
さらに笑い飛ばされた。
「来る所を間違えてる」「遊びじゃねーぞ」と選手達に言われ、涙を堪えて練習をしていた。
笑われるのも当然、そのクラブチームは当時愛知県でも屈指の名門チーム。
小学1年生ぐらいから野球をやっている中学生の集まりなので、すでに私とのキャリアの差は4〜5年にもなっていた。
入団しないという選択肢はなく、完全強制で入団させられた。

そこから野球から離れたい日々、毎日サッカーボールを触り、土日の野球を考えると
金曜日の夜から頭痛や吐き気が止まらなかった。
同時に父から野球のスパルタ教育も始まった。叱られ続ける日々、走らされ続ける日々、
友達と遊ぶ事もできず、学校が終わると練習練習の毎日。

IMG_3122
当時は、家出をすれば…自分がこの世からいなくなれば野球から解放される…
そんな事を考えながら生きていた覚えがある。そんな気持ちで野球をやっていても成長はしてくるもので、
やらされながらの練習でも、練習量はチームの選手達には負けなかったと思う。
中学2年生の頃は、「もう野球を辞める事はできない」「やるなら入団した時 笑ってきた奴らには負けたくない」
そんな気持ちでやっていた。休む日はなく練習練習を積み重ね、チームでも多少は活躍する事ができた。
中学3年生になり、活躍が認められ、強豪の享栄高校から声をかけてもらう事ができ、野球の特待生で進学する事ができた。

続く

IMG_6635-s

野球界に思う事

今年も順調にスタートした道場。

正月早々から、明るく元気に、そして熱く激しく良い練習ができている。

IMG_66291

年末年始は、教え子の大学生や高校生も参加し、小・中学生達には良い刺激になったと思う。
大学生や高校生になっても、教え子達はやっぱりかわいい。
彼らの今後の活躍を願い、何があってもサポートしたいと、改めて今年も感じる年末年始だった。

最近は、テレビやネットでも、野球についての記事をよく目にする。
その中で気になるのが野球人口の減少や、子供達への指導のあり方の記事を見るといつも考えさせられる。

私自身も、厳しい指導やスパルタと言われる中で野球をやってきた。
でも、それが正しいと感じ、今の道場での指導に生きている事は少ない。
野球から離れ、社会に出て過ごす中で、野球界がやらなくてはいけない事、
考え直さなくてはいけない事を多く感じている。

IMG_6633

今の野球界、もっと言うと、小・中学生の野球界は人口が減っていくのは当然だと思う。
指導者は偉い、言う事を聞け、勝った時は自分の手柄、負けた時は子供達のせい、
自分の思い通りにならなければ怒る、そんな指導者がまだまだたくさんいる世界。

大人の顔色を見て自分のモチベーションをコントロールする子供達。
叱られるからやる、叱られたからやる、私も子供の頃はその世界にいたが、
社会に出て、野球界を外から見つめると、異常な世界に感じる。
ルールやしきたり、親の負担、時間と心の拘束。
野球という世界で、犠牲にする事があまりにも多すぎると思う。

IMG_6634

チームにおいての進学問題も、決めてやった・ここに行け…
1番大切な事は、高校から必要とされるかどうか、子供達が高校に行って大切にしてもらえるか、
競争しながら良い経験を積めるかどうかが大事。
まず、進学を人脈や権力で考えるより、必要とされるように一生懸命育てる事が最優先だと思う。

今の野球界の中では、技術だけでなく、人としても成長できる子供達が育ってくる事が難しい。
上手い選手が偉い、中々結果を出せない選手はへぼい、そんな考え方や環境の中で、人は絶対に育たない。

だからこそ、どんな子供達にも、きちんと向き合わないといけないと思う。

IMG_6635

子供らしさを封印して、軍隊のようにピリっと統一感を持たせる。
言う事を聞かせる、精神修行という言葉を勘違いして、武士道の精神のような考え方で子供達を支配する。
そんな世界では人口が減るのも当然。

世界中、色んなところで活躍している人達、活動をしている人達が、
みんな野球界のそんな世界でやってきたわけではない。
温かく育てられながら、自分で考え行動している人達が世界でも活躍している。

IMG_6637

野球界が生み出す子が、将来社会から評価され、必要とされるためには、
今まで評価された「根性」だけではダメだと思って道場をやってる部分もある。

相手を褒める事ができなくて、見下す事や言い訳が先に出て、自分を守ろうとする。
叱られないためには嘘もつく。
縛られた世界にいると、本能的にこのような考えが身についていく事が1番残念に思う。

シャキッとピリッとした姿勢でいるのは、せいぜいグランドと
「この人にはちゃんとしとけ」と判断した人の前だけ。
という事は、人間的な教育ではなくて、調子良くかわしていく事が身についてるようにも思う。

全ては否定しないが、統一、厳しさ、精神修行…そんな事を美談には捉えたくない。

言ってもできないのが子供、期待に応えられないのが子供、でも、目標や夢に向かって純粋に頑張れるのも子供だと思う。

IMG_6638

私は指導者として、子供らしさを大事にしたい、厳しい事が当たり前の野球をしたくない。
考える力を養って、自分からチャレンジできるような向き合い方をしたい。

まず野球が上手いかそうでないかの前に、人に優しく、人の傷みが分かり、立場の弱い人・苦しんでる人に手を差し伸べる気持ちがある、
そんな人間を育てたい。

相手を悪く言わず、努力を積み重ねて、正々堂々競い合える選手を、これからも育てたいと思う。

IMG_3074-s

今年の反省から学ぶ

今年も年末を迎えた。

道場は大晦日まで練習をするが、私の心の中では1年を振り返る事が多くなってきた。

今年は、野球界の難しさ、人の難しさ、自分の未熟さ、それらを痛感する一年だったと思う。

自分の追い求める形に近づくためには、まだまだ失敗や反省、自分自身が考え抜く力が必要なんだと思う。

IMG_3074

子供達のために何ができるのか、野球の技術力を上げながら、人として、将来必要になる考え方や心も育てたい。
長い野球人生を歩ませてあげたい、その歩んだ野球人生がまた次の人生でも生きるように、そこまで考えて、日々子供達と向き合っている。

子供達が野球を楽しみ、野球にかかる親の負担を減らし、本来持つ野球の素晴らしさをまたみなさんと共有し、一生懸命育てていきたいと思う。

IMG_3075

今年も自分の中では、満足には程遠い年だった。
しっかりと反省し、また来年、自分の追い求める道場に近づけるように努力したいと思う。

何度も言うが、「全ては私の努力しだい」
それしかないと思う。

IMG_3070-s

大事にしなくてはいけない事

今年も残りわずかになってきた。

とは言っても、何も変わらず道場は大晦日まで練習を続ける。

IMG_3070

まだまだ冬休みは成長の大事な時期。
今年を振り返っている余裕はない。

IMG_3069

年末まで、私がもう一度考えなくてはいけない事。
それは、子供達と向き合い育てる事。
技術の進歩ばかりを目指さず、子供だからこそ心の成長を大事にし、意識改革に取り組んでいきたい。
ほとんどの指導者は、技術の成長や結果ばかりに目を向けがちになってしまう。野球界はそんな傾向がある。
自分は違うと思っていても、気づかぬうちにまわりと同じような考えになっていないように、
初心を忘れず、ブレない信念を最後まで大事にしなくてはいけない。

IMG_3068

子供達と向き合い育てる事…そこに1番必要な事は、私自身の努力しかないと思う。

何があっても最後まで尽くそう。

IMG_3049-s

何が正しいのかを考え続ける

道場を立ち上げて10年近くになる。

ここまでたくさんの選手に出会い、たくさんの勉強をしてきた。
今でも、育成の難しさを痛感し、まだまだ勉強する事はたくさんある。

自分が歩んできた野球経験だけを頼りに子供達に指導する事は良いとは思わない。
まず、自分の野球人生が正しかったかどうか考え直し、疑ってみる事から始めるべきだと思う。
自分が歩んできた野球人生を振り返ると、今でも子供達のためになるメニューや考え方は半分もない気がする。
自分が知らない野球、自分が経験する事のできなかった野球の世界もたくさんある。
そこを見て聞いて、指導方法を勉強して、道場の子供達 全てに伝えていけるように、
伝え方・考え方を学んでいかなくてはいけない。

IMG_3049

昔ながらの野球の常識も、大切にすべき事と必要のない事に仕分けする必要がある。

昔は、辛い練習を我慢し乗り越えていく事が素晴らしいとされてきた。
私はその考え方よりも、野球を楽しみ、充実した気持ちの中で、
前向きに自分から楽せず色々な練習にチャレンジして欲しいと考えている。

怒る事・叱る事は好きではない。正しいとも思わない。
時には必要な場面があったとしても、本当に今それが大事かを深く考える。
それぐらい怒る事・叱る事を優先するような指導はしたくない。
体罰や厳しい指導は少なくなったとはいえ、野球界の体質はまだまだ変わらない部分も多い。

IMG_3050

他にも進学問題や親の負担、試合の多さ、練習の少なさ…考えるべき事はたくさんあるが、
また一つ一つブログを通してでも伝えていきたい。
道場でも選手達と向き合い、何が正しいかを考え続けて、大切に育てていきたいと思う。