IMG_4981

7年間お世話になった『名東野球道場』から旅立つ日が来ました・・・。

7年間お世話になった『名東野球道場』から旅立つ日が来ました・・・。
実にあっという間の7年でした。
しかし本当に中身の詰まった充実した7年間だったと思います。

『今の結果』ではなく、高校野球、またそれ以降の野球人生を考えた上で、『チーム』ではなく、この『名東野球道場』という選択をしましたが、卒団するに当たって、改めて正解だったと思います。
またそう思える事に言葉に出来ない感謝の気持ちでいっぱいです。

一般的にチームに行った子供らは『試合の結果』に一喜一憂し、それを励みに頑張ってきたと思います。
しかし道場を選択した息子は『自分自身の日々の成長』を楽しみに頑張ってきたと思うし、そう息子にも話してきました。

勝ち負け等、結果が明確にならない中、目に見えなく、実感することも難しい自分自身の日々の成長を楽しみに頑張る事は、正直、大人でも難しい事だと思います。
何より、しっかりした将来へのビジョンが無ければ出来ない事だと思います

そんな中でしっかりとビジョンを持ち、どこよりも厳しい練習に耐え、頑張ってきた息子を誇りに思います。また頑張ってこられたのも、『名東野球道場』の環境が有ったからこそと改めて感じます。

ここまで基礎基本を徹底して指導して下さる指導者は居るのか?
ここまで真剣に子供らの事を考え指導して下さる指導者は居るのか
ここまで子供らの成長を楽しみにして下さる指導者は居るのか?
ここまで子供らに愛情を注いて下さる指導者は居るのか?
ここまで指導者自身が汗だくになって魂込めて指導して下さる指導者は居るのか?
挙げればきりが無いです。

そんな素晴らしい環境の中で息子も成長し、高校野球の世界に進むことが出来ました。
この3年間は大会などに参加することも無く、表舞台に立つことも無かった為、高校へ行くことは、言い換えれば『桜で言えば春が来た・・・。』『蝉で言えば夏が来た・・・。』と言った感じでしょうか・・・。

今まで暑い中、寒い中、ただひたすら練習に励み、表舞台にも立たず準備してきた成果を出せる世界に・・・。そんな気がしてなりません。

これから高校へ行き、色んな選手と出会い、上級生のみならず、同学年の選手にも衝撃を受ける事もあるでしょう。
また壁にぶち当たりスランプを経験することもあるでしょう。

しかし『名東野球道場』で学んだ事、頑張ってきた事、頑張って成長出来た自分自身を信じて頑張って欲しいと思います。

そして活躍している姿を見せる事で、道場への恩返しが出来る、また後輩たちにも自信と勇気を与えてくれると思います。

本当に今まで7年間有難うございました。
そしてこれからもまだまだ宜しくお願い致します。

野球教室の練習

息子にとっての財産

 

早いもので、道場でお世話になって約1年半が経ちました。

おかげさまで、息子も今春、高校に進学します。

お友達に誘っていただいた道場での体験に参加させていただいた息子は、とても衝撃を受けて帰ってきました。

練習の内容はもちろん、練習に対する考え、姿勢が息子にとっては驚きだったのでしょう。

当時の指導者との信頼関係に疑問を感じていた我が家にとって、カズコーチの導きは、納得の塊でした、

息子が本格的に練習に参加させていただくようになってすぐ、冬練習が始まりました。自分よりも年下の子たちが、自分よりも体力も技術もあり、今思えば、毎日必死に練習についていくのに精いっぱいだったと思います。

が、この時の息子はつらい練習のはずなのに、毎日が充実し、明るくなり、各段に笑顔が増えました。

道場での練習の充実と大隅コーチ、カズコーチ、お父さんコーチの存在が息子をそうさせてくださいました。

日々の基礎練習の積み重ね!と簡単に言いますが、それに毎日毎日付き合い、腐らないように目をかけ、言葉をかけていただくことはどんなに大変か! ただただ感謝です。

息子にとっての財産は、野球の技術ももちろんですが、何事もコツコツまじめにやることからしか始まらないと、言葉でも練習でも教えていただいたことです。

この先、息子が野球と、どのように、どこまで付き合っていくのか、わかりませんが、この道場で得た心構えや親以外の信頼できる大人の方々からの愛情は、大人になっていく彼には何よりの支えになると思います。

今後高校に進学しても、大隅コーチ、カズコーチ、お父さんコーチの方々にお世話になる機会もあると思いますが、気長にお付き合いいただけることを願ってやみません。

本当にありがとうございました。よろしくお願いいたします。

 

IMG_4246

IMG_4148

感謝

IMG_4148

 

道場に出逢えお世話になり半年の月日が過ぎました。
初めは辛く厳しい練習に取り組んでいけるのか?!
専念出来るのか?!
と不安になる事もありましたが、今では自分のペースで家でのトレーニングもこなし、上手くなりたい!と何事にも努力の出来る息子に出逢えた事に本当に驚かされています。

IMG_0370

野球に対する姿勢もそうですが、
日常生活においても変化があり、先日行われた小学校の個人懇談会では「二学期に入り、授業態度が前よりも良くなり、
積極的に手を挙げ、みんなの前に出て物事ができる様になってきた!」と教えて頂きました。

IMG_4157

又、学級議員にも自ら立候補し任務をこなしています。

息子に立候補した理由を聞いてみた所、
自分は緊張しやすく、野球のバッテング練習において、バッターボックスに入った時、緊張してしまい自分の力を発揮する事が出来ない事があるので、その事を克服する為にも、色々な事に取り組み自分の力で乗り越えられる力をつけたい!と話してくれました。

IMG_4158

こんな息子の一面を見れた事、道場にお世話になり本当に変わった様に思います。

大隈コーチ・かずコーチ・お父さんコーチに感謝し、そして何より小学3年生で、技術的スタミナ的にも足手まといな息子を仲間として認めてくれ、優しい言葉をかけてくれる道場の先輩選手達に感謝し、
先輩選手の様に自分に厳しく人には優しく、出来る子に成長してもらいたいと思っています。

ドミニカの野球教室記事

今朝の読売新聞から

ドミニカの野球教室記事

今朝の読売新聞に、このような記事が載っていました。
以前、WOWOWでも特集されていた内容です。
息子は小学生の頃、チームにも所属し、平日は道場、土日祝日はチーム練習と言う形でやってきました。
しかし中学校に入る際に、また新たなチームに所属しながら道場に通うのか、それとも道場に専念するのか…。
親子で悩みました。
そんな時に見たドミニカ共和国のWOWOWの特集。
今になって思えば、この番組を見終わった時点で、私の心はほぼ決まっていたように思います。
そして今、道場に専念して8カ月。
競技は違えど、プロの世界で生きてきた私から見ても、厳しく苦しい練習を、必死に、時には涙を浮かべながら、それでもどこか楽しそうに生き生きと練習している息子の姿に、この選択は間違いではなかったと、今ではそう確信しています。
この先、何の保証もなく、厳しい野球の世界と分かってはいるものの、私は息子の可能性を信じ、息子は自分自身の可能性を信じて頑張って行きたい、頑張ってもらいたいと思っています。

野球教室の練習風景

大切な時期に入りました

野球教室の練習風景

 

まだ暑い日もありますが、朝晩はだんだん涼しくなってきました。
道場も、10月からメニューが変わり、軟式の選手、硬式の選手はそれぞれの課題克服のために、より濃いメニューへとシフトチェンジしています。
軟式から硬式へと転向する選手も、だんだんとメニューを硬式対応へと変えて、ケガのないようにジワジワ進んでいます。
10月•11月は、気候も良く、体もよく動きます。その間に、技術的にも体力的にも課題・欠点を見つけ、冬の間に克服します。
ここから本当に大切な大切な時期に入ります。
来年一皮むけるために、意識も改革し、心の成長も求めて、メンタルトレーニングにも力を入れていきます。
平日の打ち込み練習をやっている選手は、手が豆だらけになりながら、必死にバットを振っています。走り込みや守備強化の選手もいますが、必ずみんなレベルは上がります。
また、冬に向けて、10月から自分との戦い、ライバルとの競争がスタートしました。