img_4343

夏が終わって・・・

img_4343

 

息子も高校進学まであと1年半。と言っても「野球」での進学を考えたら、勝負はあと1年かな・・・。
今年の冬のトレーニングをいかに充実させるかで、春からのパフォーマンスも変わってくると思います。

想えば小3の終わりから道場にお世話になり、中1から道場に専念、今まで山あり谷ありではあるものの、ここまで順調に成長しているように感じます。

しかしまだまだ目指すところは遠い彼方・・・。
その「目標」に向かい、親子でこれほど充実出来る事は本当に嬉しい限りです。

今の充実感を他の野球チームで味わえたのか・・・。
正直疑問でしかありません。

日々の苦しい練習の中、目標に向かい成長する楽しさを味わえるのも、やはり「道場」を選択したことで得られていると今では確信しています。

結果は後からついてくる。
そう信じて毎日頑張れるのも、やはり今の「道場での環境」が有っての事だと思います。

「野球の技術」、「人間育成」、「プラス@成長する為に日々の家でのトレーニングが必要な事」。全て道場でお世話になって学んだことです。
今になってそんな事を痛切に感じます。
img_4344
道場に通えるのも高校に行くまで・・・。と寂しく思う中、やはりこの先の高校の事も考えなければならなくなりました。

野球を始めた小学1年生の時に「やるからにはプロを目指せ!適当にやるならチームに入らず公園でやっとけ!」といきなり厳しく言ったものです。
道場に入った頃も当初は「私学4強、全国の甲子園常連校への進学は当たり前!」と考えていました。
いや、今でも頭のどこかで、そう考えているのかもしれません。

しかし本来の目的は何か?と冷静に考えると、それは高校進学では無く、その先にあるな!と・・・。

そう考えると、やはり身の丈に合った高校で1年生からガンガンに練習出来る環境に行った方が良いのかな?と思うようになりました。
これは決して「逃げ」では無く、将来の為の「攻撃」であると捉えています。

息子は決して野球の天才でもないし、身体能力が特別に高い訳でもないです。
だから人一倍努力するしかないと思っています。

よく「環境のせいにするな!」とか「周りの責任にするな!」とか言いますが、私自身の経験上、本人の力だけでは何ともならないのが世の常。「環境」がほとんどを占めると言っても過言ではないと思っています。
当然本人の「努力」が有って初めて言える事ですけど・・・。

その「環境」を道場と言う場で戴いている以上、それを無駄にしないように家庭内でもその「環境作り」をしなければいけないと思っています。
そうでなければ道場や息子に申し訳ないし、失礼だと思って日々励んでいます。

高校進学まであと1年半しかありません。
残り少ない時間を無駄にせず、更に成長してもらいたいものです。

そして卒業する時には最高級の感謝の気持ちを名東野球道場、それに携わった全ての方々に伝えられたらと思っています。

野球教室の練習

息子にとっての財産

 

早いもので、道場でお世話になって約1年半が経ちました。

おかげさまで、息子も今春、高校に進学します。

お友達に誘っていただいた道場での体験に参加させていただいた息子は、とても衝撃を受けて帰ってきました。

練習の内容はもちろん、練習に対する考え、姿勢が息子にとっては驚きだったのでしょう。

当時の指導者との信頼関係に疑問を感じていた我が家にとって、カズコーチの導きは、納得の塊でした、

息子が本格的に練習に参加させていただくようになってすぐ、冬練習が始まりました。自分よりも年下の子たちが、自分よりも体力も技術もあり、今思えば、毎日必死に練習についていくのに精いっぱいだったと思います。

が、この時の息子はつらい練習のはずなのに、毎日が充実し、明るくなり、各段に笑顔が増えました。

道場での練習の充実と大隅コーチ、カズコーチ、お父さんコーチの存在が息子をそうさせてくださいました。

日々の基礎練習の積み重ね!と簡単に言いますが、それに毎日毎日付き合い、腐らないように目をかけ、言葉をかけていただくことはどんなに大変か! ただただ感謝です。

息子にとっての財産は、野球の技術ももちろんですが、何事もコツコツまじめにやることからしか始まらないと、言葉でも練習でも教えていただいたことです。

この先、息子が野球と、どのように、どこまで付き合っていくのか、わかりませんが、この道場で得た心構えや親以外の信頼できる大人の方々からの愛情は、大人になっていく彼には何よりの支えになると思います。

今後高校に進学しても、大隅コーチ、カズコーチ、お父さんコーチの方々にお世話になる機会もあると思いますが、気長にお付き合いいただけることを願ってやみません。

本当にありがとうございました。よろしくお願いいたします。

 

IMG_4246

グランドに礼

誇り高く、道場卒業生らしいプレーを見せてほしいと思います。

初めて道場の練習に参加したのは、三年半前、息子が小学校6年生の時でした。当時、息子は強豪クラブチームに所属していて、週末は試合や、早朝から日没までの練習漬け、にも関わらず、野球が少し上達したという実感がなく、悩んでいました。

そんな中、道場の大隅コーチとカズコーチに出逢えて、本当の基礎を教えて頂いて、また個人練習メニューを作ってくださいました。

最初はメニューの半分もこなせなかった息子ですが、一生懸命先輩達について練習して行く中で、野球素人の私にもわかる、大きな変化が現れてきました。

守備では今まで出来なかった基本が少し出来るようになり、バッティングでは癖がなくなり、強い打球が打てるようになりました。
その上、コーチの方々の指導の元で、メンタル面にも成長が見えてきました。どんな練習をしたら上手くなれるか、色々考えて練習するようになりました。
小学校卒業後、チームではなく道場に専念して、苦しい時はコーチの方々に励まされ、仲間達に支えられながら、野球を真剣に取り組んできました。この春、息子は道場を卒業し、高校の野球部に入りますが、大隅コーチ、カズコーチに学んだことを生かして、誇り高く、道場卒業生らしいプレーを見せてほしいと思います。

野球のボール

本当に、よい仲間と環境に出会えて、よかったです。

道場の指導方針に惹かれ、チームではなく道場に専念をして、4年目になります。
「野球を上手になるには、まずは土台を作り、それから基本を身に付け、それを繰り返す。技術はそのあと」と最初に教えて頂きました。
合流した最初は、ちょうど冬練習が始まったときでした。

平和公園でみっちり走って、トレーニングを行い、ほとんどボールを使わない日々を過ごしてきました。その中でも、この練習は何のために行うのかということも教えて頂き、子供も冬練習の大事さを理解しながら、乗り越えたときの喜びを目標に頑張っていました。
冬練習が終わり、ボールを使った練習を始めたとき、大きな変化が現れてきました。キャッチボールでは、コントロールが安定し、守備、バッティングでは今ま で中々できなかった基本が少しできるようになり、土台作りの大事さが、親子共々目に見えて実感しました。また、道場に専念して、間違いなかったとも確信し ました。
今、4度目の冬練習をしています。仲間たちと競い合いながら、今年も、パワーアップした練習メニューをこなしています。

道場では、技術だけでなく、メンタル面も指導して頂き、何をしたらよいのか?何が足りないか自分で考え、家でも自分に厳しくトレーニングをしています。

そんな姿を見て、今シーズンの成長を楽しみにしています。
厳しくて苦しい練習を真剣に取り組めるのも、一緒に頑張れる仲間がいるからだと思っています。

本当に、よい仲間と環境に出会えて、よかったです。

また、いつも根気よく熱心に子供たちのことを思い、指導して頂いている大隅コーチ、カズコーチに感謝し、いつか恩返しができるように、今の自分に満足せず、日々精進して欲しいと思います。

IMG_4148

感謝

IMG_4148

 

道場に出逢えお世話になり半年の月日が過ぎました。
初めは辛く厳しい練習に取り組んでいけるのか?!
専念出来るのか?!
と不安になる事もありましたが、今では自分のペースで家でのトレーニングもこなし、上手くなりたい!と何事にも努力の出来る息子に出逢えた事に本当に驚かされています。

IMG_0370

野球に対する姿勢もそうですが、
日常生活においても変化があり、先日行われた小学校の個人懇談会では「二学期に入り、授業態度が前よりも良くなり、
積極的に手を挙げ、みんなの前に出て物事ができる様になってきた!」と教えて頂きました。

IMG_4157

又、学級議員にも自ら立候補し任務をこなしています。

息子に立候補した理由を聞いてみた所、
自分は緊張しやすく、野球のバッテング練習において、バッターボックスに入った時、緊張してしまい自分の力を発揮する事が出来ない事があるので、その事を克服する為にも、色々な事に取り組み自分の力で乗り越えられる力をつけたい!と話してくれました。

IMG_4158

こんな息子の一面を見れた事、道場にお世話になり本当に変わった様に思います。

大隈コーチ・かずコーチ・お父さんコーチに感謝し、そして何より小学3年生で、技術的スタミナ的にも足手まといな息子を仲間として認めてくれ、優しい言葉をかけてくれる道場の先輩選手達に感謝し、
先輩選手の様に自分に厳しく人には優しく、出来る子に成長してもらいたいと思っています。

ドミニカの野球教室記事

今朝の読売新聞から

ドミニカの野球教室記事

今朝の読売新聞に、このような記事が載っていました。
以前、WOWOWでも特集されていた内容です。
息子は小学生の頃、チームにも所属し、平日は道場、土日祝日はチーム練習と言う形でやってきました。
しかし中学校に入る際に、また新たなチームに所属しながら道場に通うのか、それとも道場に専念するのか…。
親子で悩みました。
そんな時に見たドミニカ共和国のWOWOWの特集。
今になって思えば、この番組を見終わった時点で、私の心はほぼ決まっていたように思います。
そして今、道場に専念して8カ月。
競技は違えど、プロの世界で生きてきた私から見ても、厳しく苦しい練習を、必死に、時には涙を浮かべながら、それでもどこか楽しそうに生き生きと練習している息子の姿に、この選択は間違いではなかったと、今ではそう確信しています。
この先、何の保証もなく、厳しい野球の世界と分かってはいるものの、私は息子の可能性を信じ、息子は自分自身の可能性を信じて頑張って行きたい、頑張ってもらいたいと思っています。