冬練習を乗り越えた後の楽しみ

  道場の指導方針に惹かれ、専念組に合流して、4年目になります。「野球を上手になるには、まずは土台を作り、それから基本を身に付け、それを繰り返す。技術はそのあと」と最初に教えて頂きました。

専念組に合流した最初は、ちょうど冬練習が始まったときでした。平和公園でみっちり走って、トレーニングを行い、ほとんどボールを使わない日々を過ごしてきました。その中でも、この練習は何のために行うのかということも教えて頂き、子供も冬練習の大事さを理解しながら、乗り越えたときの喜びを目標に頑張っていました。

冬練習が終わり、ボールを使った練習を始めたとき、大きな変化が現れてきました。キャッチボールでは、コントロールが安定し、守備、バッティングでは今まで中々できなかった基本が少しできるようになり、土台作りの大事さが、親子共々目に見えて実感しました。また、道場に専念して、間違いなかったとも確信しました。

今、4度目の冬練習をしています。仲間たちと競い合いながら、今年も、パワーアップした練習メニューをこなしています。道場では、技術だけでなく、メンタル面も指導して頂き、何をしたらよいのか?何が足りないか自分で考え、家でも自分に厳しくトレーニングをしています。そんな姿を見て、今シーズンの成長を楽しみにしています。

厳しくて苦しい練習を真剣に取り組めるのも、一緒に頑張れる仲間がいるからだと思います。よい仲間と環境に出会えて、感謝しています。また、いつも熱心に子供たちのことを思い、指導して頂いている大隅コーチ、カズコーチに感謝し、いつか恩返しができるように、今の自分に満足せず、日々精進して欲しいと思います。  

ゴロの練習

Hello world!

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !