ブログ

本当に今のままでいいのか…

image1

先日、ある高校の関係者とお話しをする機会があった。
中学時代は、強豪チームの中心選手で活躍を期待したが、
高校野球がスタートしたらすぐに肩の故障、肘の故障、下半身の故障…が続き、
なかなか力を発揮できない選手が多いという。
ケガを少なくするための体づくり、体の使い方を学んでいない現状がある。

 

小・中学生から試合が多いので、必要な練習、
必要なトレーニングができていない事も高校の監督は頭を抱えている。

ケガはなくても、思うようなプレーができない選手も多いという。
ゴロの捕り方、足の運び方、グラブさばき、バットスイングでは
ヘッドスピード、パンチ力、下半身の使い方、全て基礎や基本がある。
その基礎や基本を教わらずに高校野球へ入ってしまうと、
打球の速さ、高校生のスピード、パワーで必ず苦しむ時が来る。

 

image2

小・中学時代というのは野球人生にとって本当に大事。
そこで、大切な事は何か??を学び体感しなくてはその先の成長が全く違うものになる。

道場に体験に来る選手達も、本当にもったいない…と思う選手ばかりだ。
もっともっとやれるはず、所属しているチーム、所属していたチームで何を教わったのか…
明確に答えれる選手はほとんどいない。

小さい頃から道場でコツコツ練習を積んできている選手達、
現状を打破するために環境を変えて道場へ飛び込んでくる選手達、
私は全ての選手達に尽くしてあげたいと思う。

チームにいれば大丈夫…という考え方は少し違う気がする。
今やっている野球、自分自身の今、これからの野球を考えて、
本当に今のままでいいのか…そう感じている選手はたくさんいるんだと思う。

 

image3

関連記事

最近の記事
おすすめ記事
  1. 今年の最上級生

  2. それがあったから今がある…

  3. また新たに考える未来

  1. 登録されている記事はございません。
TOP