ブログ

こんな時代だからこそ

IMG_5864

最近はニュースでも子供達の野球について色々な意見が出ている。

勝利至上主義について、体の酷使について、体罰・暴言について…私が子供の時代は当たり前で、
考えられる事もなかったが、時代の流れと共に問題視されるようになってきた。

私も、それらの問題が起きる可能性がある中で、子供達を育成する事が本意ではなかったからチームにはしなかった。

IMG_5867

子供同士の権力差、妬み僻み、見下し、派閥…そのような曇った世界で野球をするのではなく、純粋に野球に向き合い、
目的や目標に向かって厳しい練習を乗り越え、練習の積み重ねを試すための試合を経験し、コツコツ一歩一歩技術と心を成長させていく。
そこに私は努力をしたかった。
そんなチームは全国的にもなかなかなく、試合満載の小・中学生の野球界を考えたら私の信念を貫くことが不可能。
だったら作るしかないと思い道場を立ち上げた。
賛否両論あっても流されてはいけない。自分が大切にしていることを守り抜き、道場の子供達を一生懸命育てることが全て。
子供達との向き合い方もどう思われようと構わない。私の野球経験や社会経験、自分で見たもの聞いたもの勉強したものを信じたい。

IMG_5862

怒る事、力でねじ伏せる事、大人ができる一番楽な指導。私は指導じゃないと思ってる。
そんな指導が正しいと思い込む大人も多い。
言われた事をそのままプレーや発言で表現できる子供は少ない。だからこそ、叱る前に向き合う事・見守り育成する事が大事。
そして指導する側の技量・引き出し・愛情も問われる。

IMG_5860

指導者が謙虚に自分と向き合って、子供のためになる事は何があるのか、さらに自分が成長して、今日指導した自分に何が足らないのか…
そう考える事が指導の基本だと私は思う。

子供達が何を求めているか、子供達を良い人生に導くために自分がまずどうしたらいいか…そこを考えてあげる事も今の時代は絶対に必要。

叱られる事が多いと楽しめない。
楽しすぎるからどんどん練習しなくちゃ!という気持ちにさせてあげたい。

IMG_5865

子供達に努力しろ!気合いが足りない!気持ちが足りない!と言う指導者や大人は結構多い。
子供達に努力しろ!と言う前に努力の仕方を教える。気合いを入れろ!気持ちが足りない!と言うならば、
気合いを入れたり気持ちが入るようなモチベーションにさせてあげないとできるわけがない。

叱られないようにやる・叱られたからやる…今も昔もそんな世界だから、悪循環で野球界はなかなか古い体質が抜けない。

IMG_5866

私のような考え方に対して、甘すぎる…子供達が調子に乗るだけ…という意見もあるが、
意見を言う人は、子供達と向き合う引き出しがないだけだと思う。私はブレない。
こんな時代だからこそ考え方の転換が大事。

野球の技術も大切。でも、その前にコミュニケーション能力や個性、感性、優しさが大切。

IMG_5861

心の成長なくして技術の成長はなし。
その言葉を大事に、またシーズンに向けて子供達と毎日頑張りたいと思う。

関連記事

最近の記事
おすすめ記事
  1. とにかくやる

  2. 少し昔に戻る覚悟で

  3. 今の私に何が足らないのか

  1. 登録されている記事はございません。
TOP