ブログ

お疲れ様

今日3月31日を最後の練習にして、明日から高校の現場へと旅立つ選手たちがいる。

ギリギリまでしっかり練習をして、その姿勢が本当に素晴らしいと思う。

小学生の頃から一緒にやってきた選手たちだからこそ、寂しさと期待とが入り混じる感情で、なかなか表現するのは難しい。

ただ、無事高校に進学し、明日から高校野球をみっちりやれる事は良い事だと思うので、笑顔でサッパリ背中を押してあげたいと思う。

高校野球の現場というのは経験や勉強ができる場所。
甲子園を目指しての勝つ喜びや負ける悔しさ。
先輩や同級生・下級生の人間模様から人を学ぶ。
自分自身も子供から大人へと少しずつ階段を上がり、考え方や心が成長してくる。
色々な意味で人生において、内容の濃い3年間になると思う。

入学すると、現場には色々なスタッフや色々な先輩がいて、また1から関係性を築いていく。
上を目指した向上意識の高い先輩もいれば、マイナス面ばかりを植え付けてこようとする先輩もいる。
そこに流されず、人は人、自分は自分という割り切り方ができるかできないかが、最初の3カ月〜半年の心の仕事だと思う。

たくさん学び、たくさん経験し、一回りも二回りも体も心も成長して、また会いたいと思う。

私自身、彼らとともにたくさんの時間を過ごし、たくさん成長させてもらえた。
やはり彼らに感謝しかない。

一緒に野球をやってくれてありがとう。
本当にお疲れ様でした。

頑張れ

関連記事

最近の記事
おすすめ記事
  1. 平等なんて期待しない

  2. 自分で考えて

  3. 自分を改革しなくては

  1. 登録されている記事はございません。
TOP