ブログ

現実を受け止めて

これから私は現実とさらに向き合おうと思う。

野球の練習は、昔から全員同じになる事はよくある。
バッティング、ノック、ランニング、ピッチャーはピッチャーでまとまって走り込み…それが練習だと思って私も子供の頃はやってきた。

でも、歩き方、走り方から違うように、野球においての癖や課題も一人一人絶対に違う。
共通の課題を持つ選手はいても、全員一緒という事はない。

瞬発力やスピードが課題の選手が、得意なバッティング練習をずっとやっていても課題の克服にはならない。
守備に不安がある選手は、やはり守備にまつわる練習やトレーニングをコツコツコツコツ積んでいく事を最優先にしなくてはいけない。
バッティングに課題があるならば、少しでも課題解決のために取り組むしかない。

試合を重ねて課題は克服していくものではない。
そこは、泥臭いがコツコツ練習をするしかない。

体の成長とともに、悪い癖や課題克服が難しくなってくる。
体の柔軟性はその代表格だと思う。
小中学生のうちから、野球に必要な柔らかさを身につけていくよう毎日ストレッチやトレーニングをやっていると、後々、肩や肘、腰や下半身の故障のリスクも減る。

今、その選手に必要な事は何か、やるべき事は何か、高校までの残された時間、その現実を受け止めて、やらなくてはいけない時がある。

チーム一丸、勝つために…それも大事だが、自分の野球人生を自分のために使う事はもっと大事だと思う。

永遠に時間があるわけではない。
現実を受け止めて、最初から何かに・誰かに何とかしてもらおうとせず、自分で切り開くためにどうしたらいいかを考える選手でいられるよう向き合いたいと思う。

関連記事

最近の記事
おすすめ記事
  1. とにかくやる

  2. 少し昔に戻る覚悟で

  3. 今の私に何が足らないのか

  1. 登録されている記事はございません。
TOP