ブログ

成長を感じた

野球教室の走りこみ練習

 

12月に入り、寒い日がどんどん増えてきました。

今年も残り二週間ちょっとになり、冬練習もジワジワ本番に近づいてきました。

多くの体験選手も参加し、色々な環境でやってきた選手を見る事ができました。

体験の中学生は、軟式をやってきた選手や硬式チームでやってきた選手、小学生は、チームや他の野球塾でやってきた選手、それぞれいましたが、全ての体験選手に共通している印象は、本当に「もったいない!」という事です。

 

野球教室の守備練習

 

熱い気持ちもあって、上を目指してやっていますが、大切な事を教わってきていない、鍛えておかなくてはいけない部分が鍛えられてない…能力、長所はたくさんあるのに、伸ばす指導を受けていないという点が本当にもったいないです。

今までは、チームのために、勝つために野球をやってきたと思います。アウト一つ取る事を最優先にやってきたので、形や基本よりも結果だったと思います。

確かに結果は大事ですが、それは高校からでいいです。

 

野球教室の守備練習

 

結果やアウト一つ優先、自分の成長よりもチームの勝ちが先、そんな野球を小.中学生でやっていると、高校からはなかなか通用しなくなってしまいます。高校では何とかなっても、大学や社会人など、その上の世界に進む事はだんだん厳しくなります。どこかで、気持ちを切り替えて、自分自身の力量を考え、高校までの残された時間の使い方を考えてもらえたらな…と思います。

うちの選手達は、今年が冬練習初めての人、二回目、三回目とそれぞれいます。

初めての人は、グッと我慢ですが、二回目、三回目の選手達の昨年からの成長は、指導していても本当に嬉しいです。スタミナ、スピード、強さ、一つ一つのレベルが上がっていますので、来年のシーズンは、期待しちゃいますね。

苦しい練習もこれからですが、ボールを触らない練習こそが技術も心も1番成長させます。

関連記事

最近の記事
おすすめ記事
  1. 今年の最上級生

  2. それがあったから今がある…

  3. また新たに考える未来

  1. 登録されている記事はございません。
TOP