ブログ

練習が不足してはいけない

四月に入り、道場で最上級生だった選手たちも4月から高校球児として頑張っている。

私も4月から高校コーチに就任した。
道場での指導、高校生への指導、またこの1年、選手たちのためになる事であれば、たくさん勉強をして育成に手を尽くしたい。

IMG_5131

最近思うことだが、小学生・中学生の練習が足りないと感じる。
もっともっと伸びそうな選手、練習しだいで激変する選手、そんな選手はたくさんいると思うが、練習をあまりやっていない。また練習を大事にしていないと思う。
仕方ないが、試合が多い分、短所を克服したり長所を伸ばすことができていない。

走る事が何より大事。スタミナをつける事、スピードをつける事、ケガをしない下半身を作る事、全ての原点は走る事から。これは年中続けなくてはならない。
ただ走るだけでなく、野球のトレーニングのための走る練習は果てしなく種類はある。
野球の楽しさと同時に走る大切さも選手たちに教えていかなくてはいけない。

IMG_5141

さらに股関節、膝、足首などを柔らかくするトレーニングも絶対に必要。

その練習をしながら、腹筋背筋も鍛え、肩まわりのトレーニングや可動域を広げる練習をし、そこから初めて投げて打っての練習がスタートする。
つまらない練習ばかりかもしれないが、高校や大学へ選手たちを送り出し、活躍する姿を見ていると、やはり練習は大事だと実感する。

打って投げてだけが野球ではなく、ボールを使わない練習や畳一畳分からやれるトレーニングもたくさんある。
小さなうちからその大切さを理解させ、地道にコツコツ練習を積み重ねる事が良い選手への近道だと言う事を選手たちに伝え、それを実行していくことができる人が本当の指導者なんだと思う。

将来がある大事な選手たちの育成のために、練習が不足しないよう指導者は自分が教科書にならず、指導者も勉強をする事が大切だと思う。

IMG_5113

関連記事

最近の記事
おすすめ記事
  1. 平等なんて期待しない

  2. 自分で考えて

  3. 自分を改革しなくては

  1. 登録されている記事はございません。
TOP