ブログ

子供達から教わった事

私は子供の頃から野球を楽しめなかった。
学校が終わってから、公園で友達とゴムボールで遊ぶ野球は楽しかったが、チームに入って、本格的に野球の道へ進み始めてからは野球が楽しくなかった。
怒られ叱られ、我慢して辛抱して、悔しくてではなく 逃げたくて泣いて、そんな毎日を過ごしていた。

野球とはそういうものだと思っていた。
IMG_6637
野球を続けていくために私に必要な心構えは「諦め」だった。
楽しくやりたい、のびのびやりたい、そんな野球はどこにもない。諦めて、気合いと根性で乗り切るしかないと思い、日々自分なりに頑張っていた気がする。

野球での経験、野球から離れてからの社会経験、そこで色々な考え方を学び、野球の本来の姿を考えるようになった。
IMG_7380
自分の経験が正しいとは思い込まず、改善できるところは改善して、間違いや反省は認めて、楽しみながら厳しさも苦しさも乗り越え、考え方や生き方を伝えていきたいという、自分の中の野球を形にするために道場を立ち上げた。

あれから10年、野球の楽しさ、人への優しさ、積み重ねの大切さ、自分の伝えたい事をグランドで表現し、野球の楽しさを逆に私に教えてくれているのは道場の子供達だと思う。

だからこそ、私もその気持ちに応えたい。
子供達のために努力したい。
IMG_7381
楽しくやって何が悪い、のびのびやって何が悪い、その空気感を心の緩みや甘いと捉える人は、考え方が古いのと指導の引き出しがないだけ。
野球を楽しみながらやっていても、厳しさや強い気持ちを教えていく事はできる。

野球をやってきて、今、子供達とやる野球が一番楽しい。
その楽しさは、全部道場の子供達が教えてくれた。
彼らに感謝して、私も楽しみながら大切な事を伝えていこうと思う。
IMG_7382

関連記事

最近の記事
おすすめ記事
  1. 平等なんて期待しない

  2. 自分で考えて

  3. 自分を改革しなくては

  1. 登録されている記事はございません。
TOP