ブログ

野球が上手いかどうかの前に

ニュースでもよく目にするが、プロ野球〜高校野球、他のスポーツまで、事件であったり素行不良であったり、残念なニュースが本当に多い。

有名プロ野球選手の暴行事件、高校野球の有名強豪校で指導者による体罰や選手の素行不良、有名大学のスポーツ選手が逮捕、その世界のエリートでやってきた人たちが事件を起こしてしまう。

ちょっと考えたら良いか悪いか分かる事や、人の傷みを考えれば、自分の行動が間違っているかどうかは分かるはず。
そのコントロールがなかなかできない…やはり、小さい頃からの教育・育成は大切なんだと思う。

野球が上手い選手が偉い・すごいと言われ、本人も親も勘違いを起こし、指導者を含め誰も何も言わなくなり、謙虚さを失い、わがままで自分中心に物事を考え人の傷みが分からなくなる。
さらに、自分の感情がコントロールできなくなり、行き過ぎて問題を起こしてしまう。

野球が上手ければそれで良いわけではない。
試合に勝てばすごいわけではない。
まず、野球選手である前に人から信頼される人間性が必要。

野球という特殊な世界で生きていると、当たり前のことが当たり前ではなくなることがある。それで勘違いする人も多い。そう言う人間にならないように、小さい頃から野球以外の部分も大切に育てていきたい。

名古屋O&Kベースボールクラブにいるのは小・中学生。
まだまだ成長に個人差はあり、成長過程ではたくさん言動や行動で失敗はある。
大切な事はそこからどう成長へ繋げて、どこまで私が辛抱し、粘り強く育成に向き合えるかだと思う。

野球の技術だけでなく、子供たちの人柄・信頼される人間性の土台を作るのが小・中学生である今だと思っている。
野球が上手いかどうかの前に、まず「人として」を大切に考えていきたい。

関連記事

最近の記事
おすすめ記事
  1. とにかくやる

  2. 少し昔に戻る覚悟で

  3. 今の私に何が足らないのか

  1. 登録されている記事はございません。
TOP