ブログ

安定よりもチャレンジ

3月もまもなく終わりが近づいている。

4月になり世代が変わり、以前から計画している大改革がスタートする。

私は厳しくなるよ…と子供たちには話をしている。
ただ、怒って叱って押さえつけての厳しさを意味しているわけではない。
難しいが、自分で自分に厳しくしていかないと、なかなか本当の成長は感じられない環境やシステムにしていく。
楽しむことを最優先に求めにいく事は悪い事ではない。でも、本当の楽しさをまた一緒に考えていきたい。
WBCを見ていると、日本代表だけでなく、各国の選手のみなさんは本当に野球を楽しんでいるように感じる。その楽しみ方をずっと考えている。

やはり、そこには練習に練習を重ねて習得し、磨き抜かれた技術、人より上回る高い意識、人を魅力する人間性、その要素が揃って初めて楽しむことができるのかもしれない。

求めていく目線は年齢やレベルに合わせていくが、せっかく野球を頑張るなら、目指すものは高くいきたい。
技術も目標も、進学や先を考えた人生設計も、子供の安定や安全を求めてしまうが、大人が最初からそのレールに乗せてしまうより、どうせやるならチャレンジしてみて欲しい。

私が4月から考える大改革は、私にとっても子供たちにとってもチャレンジになる。
今までにない、日本中どこにもない取り組みや考え方もどんどん注入していく。

チャレンジできる子供たち、そんな人材がいるからこそやれる事だと思う。

必ず結果は出す。

関連記事

最近の記事
おすすめ記事
  1. 高校野球に思う事

  2. 考える夏

  3. 昭和と令和

  1. 登録されている記事はございません。
TOP