違う環境に早く飛び込んで、気付けました

小学5年の冬頃、少年野球チームを離れO&Kベースボールクラブにお世話になる事にしました。きっかけは、前チームでは基礎、基本を学ぶ事がほとんどなく、戦術や試合で勝つ為の手段の練習に時間のほとんどを費やしている状況。そういったチームの考え方やそれに伴う息子との関わり方に悩んでいた所でした。

そんな折り、チームを探していた時にコチラのホームページにたどり着き『「今、何をするべきか」に重点を置いて指導しています。』の文面に目が留まり、ブログを読み始めました。
読み進めると、共感する事や自分自身に当てはまり反省してしまうメッセージがたくさんありました。私と息子との距離感や、親の勝手な基準で言わなくてもいい事を言ってしまったり、傷つけたり、他人と比べていたり。
ブログから発信されるコーチの考えや声に、何かを気付かされると同時に「ここだ!」と思い「一度足を運んでみてください。」の一言に後押しされる形でグランドへ向かいました。

体験初日から、グループ毎に違うメニューを行っている輪の中に入り息子も身体を動かしていました。練習メニューを行なっている時の、選手達の声掛け、イキイキと取り組む姿や指導してくださる方々の雰囲気がとても良く、魅力的な環境があるのだなと感じると同時に、ここで野球をして欲しいと思いました。
息子自身も同じ事を肌で感じた様子で、次の体験の時にはすでに「O&Kで野球をやる」と決めていたそうです。

O&Kに来て約1年が経つ今思うことは、選手ひとりひとりの個性や性格や考え方、今までどの様な形で歩んで来たかをつぶさに観察し、野球人生の先までを見据えてアプローチをする育成には、感動の一言しかありません。野球の技術、心や人間性の成長を日々感じつつ、良い仲間や指導者の方々に支えられながら、野球の本当の楽しさを学ぶ日々を過ごす事ができるこの環境に感謝しかありません。

O&Kベースボールクラブと出会い、この先、素敵な野球人生を歩んでいくのだろうと想像できるほど魅力的な世界を体験してみませんか。

最近の記事
おすすめ記事
  1. 全ての人に分かってもらう必要はない

  2. 練習量は大事

  3. 変わるタイミング・変われるタイミングを見逃さないように

  1. 登録されている記事はございません。
TOP