一緒に歩むことで気付ける大事な事

中学生になり、もう野球自体に魅力を感じていないように見えた当時の息子。このまま嫌いになってしまったら…そんな思いからコチラを訪れました。

ひらがなを書き始めるよりも前に始まった彼の野球人生。「将来はプロ野球選手に!」と望む訳ではなく、大人になり人に教えられるぐらいまで学んでくれたら、こんなに嬉しいことはない。それが息子に勧めたきっかけでした。ですが本格的に始めると、両親揃って息子に厳しくなり、プレーのひとつひとつや練習態度、日々の生活面に至るまで何かにつけて怒鳴ってばかりでした。

この時を振り返ればチームの指導にも恵まれず、家では厳しい事ばかり。「野球を楽しみなさい」と言われても、息子にとっては無理に決まっている状況。彼が思い通りにやれた事などひとつとして無かったと思います。

深い縁に助けられてO&Kに専念し、腰を据え活動し始めると、やがて見えてきた景色の違いに驚きを隠しきれませんでした。

矛盾がない。疑問すらない。
すべてのことに意味があると理解できる、質の高い毎日の練習。
そして、どんどん上手くなる。できなかったことができていく…。
「自分はダメだ…」と自信を失くし下ばかり向いている選手もいなければ、「自分はスゴイ!」と天狗になり人を見下したりバカにしたりするような選手もまったくいない。
「自分は偉い、自分に従いなさい」と押し付ける指導者もいない。
少なくとも私は、それまでの野球の場で見たことがない光景がここにはありました。

この環境と人にも恵まれ、日々いろいろな人とコミュニケーションを取る中で私自身の至らなさにも気づかされました。自分が苛立つのは子どものせいではない。どうしてそんなこともわからずに叱ってばかりいたんだろう…
親は子どもの笑顔を1番見たいはずなのになぜ子どもを追い詰めることばかりしてきてしまったんだろう…と。後悔と反省の後、「息子を信じる」という1つの決意を胸に刻み、私も息子と一緒に野球を楽しむ日々を過ごしています。

同じ空間で野球をやっている子どもたち、それを一緒に見守る父兄仲間、どこまでも子どもたちに愛情を注いでくれるコーチ、そのすべての人に心から感謝するばかりです。

O&Kベースボールクラブは奇跡の場所。私は心からそのように感じています。

最近の記事
おすすめ記事
  1. 全ての人に分かってもらう必要はない

  2. 練習量は大事

  3. 変わるタイミング・変われるタイミングを見逃さないように

  1. 登録されている記事はございません。
TOP