ブログ

本当にうまくなるには

野球教室の走りこみ

 

先日、お電話でいただいたご相談ですが、土日はチーム、平日は近所の野球塾に通っている小学校高学年の選手の話です。

彼は、プロ野球選手になりたい夢があり、毎日一生懸命練習をしていますが、肩や肘に痛みがあり、チームでも試合に出ているが、あまりうまくなっているように思えない…という話でした。

そんな悩みを持つ親御さんはとても多いです。

土日のチームでは、どうしても大会などで試合過多になり、練習は不足してしまいます。全体練習はありますが、個人の技術を伸ばすための練習.トレーニングは、土日の二日合わせても、そんなにないと思います。

練習時間は長めなので、肉体的な疲れも出ますから、集中力も続かないでしょう。そこで、平日の野球塾が大事になってきますが、やはり、指導の勉強をしっかりしていない指導者が多いので、なかなか正しい指導はできていないのが現実だと思います。

元プロ野球選手であっても、指導を勉強していないとうまくはいきません。選手一人一人の将来を考えて、しっかりビジョンを立てて、基礎からコツコツ長い目で育てていく姿勢がないと、やはり技術やメンタル、体力の上達はないと思います。

たとえチームの中心選手、レギュラー、エースじゃなくてもいいんです。チャンスはいくらでもあります。

やり方次第、指導次第、本人の気持ち.努力次第で、いくらでも生まれ変わる事はできます。

ご相談をいただいた内容も、小学生のうちから肩や肘を痛めているという事は、投げ方、鍛えなくてはいない部分を鍛えていない、正しい指導をチームでも塾でも受けていないと考えられます。

子供の野球人生は一度しかなく、時間だけが過ぎていきますので、考えなくてはいけない問題ですね。

うちにも、様々な状況の中で野球をやってきて、今、本当に生まれ変わって頑張ってる選手がたくさんいます。

またそんな選手を間近で見て、一緒に練習を体験してもらい、刺激を受けて生まれ変わる選手が一人でもいたら良いな..と思います。

関連記事

最近の記事
おすすめ記事
  1. 全ての人に分かってもらう必要はない

  2. 練習量は大事

  3. 変わるタイミング・変われるタイミングを見逃さないように

  1. 登録されている記事はございません。
TOP