ブログ

育てれば道はある

私は、小・中学生の間は、勝ち負けより育てる事が大事だと思う。

自分が歩んできた野球人生、私が学んできた野球界から考えると、高校生になるまでは練習を大切に、練習をやれる時にたくさんやっておいた方が良いと思う。

よく質問を受けたり誤解をされたりするが、試合をやらないわけではない。試合の大切さも分かっている。ただ、高校から試合漬けになる事が当たり前だからこそ、今は練習を優先させるべきと思っている。

高校に行ってから、色々教えてもらったり、純粋な競争があると思っている人が多い…

IMG_8283

でも、私はそれはないと確信している。

高校は学ぶと言うより結果を出すところ。
競争というより、監督やコーチから期待され評価され、第一印象や先入観での良い評価を掴む事が一番大事。 

そこに向けて仕上げていく事、高校入学までしっかり練習をして、良いアピールができる選手に育てたい。

試合に出れない選手、人一倍努力をしても中々報われない選手、体が小さい事をマイナスだと思う選手、試合もいいけど練習がしたい選手、私はそんな選手と出会いたい。

IMG_8284

野球を諦めたり、野球を嫌いになったらいけない。
環境や考え方を変えれば、まだまだスタートラインに立てる。
環境を変えるという事は、仲間や歩んだ時間を捨てるのではなく、友人関係は大切にして、いつか生まれ変わった姿で会えるように、再度自分自身を見つめ直すという事。
野球人生・時間を大切にして欲しいと思う。

IMG_8285

生き方、考え方、全てと向き合い寄り添っていけば、道は開けると信じている。

私が諦めたら子供達は育たない…

矛盾と理不尽が当たり前の野球界だが、そこに埋もれず、種まきから水やり、芽が出て強い根が張りしっかり育つまで、私はコツコツ子供達を育てていく覚悟でいる。育てれば道はあると考えている。

関連記事

最近の記事
おすすめ記事
  1. 自分で自分の経験を疑う

  2. 何度も言うが…

  3. この冬は違う

  1. 登録されている記事はございません。
TOP