ブログ

思い込んでいるだけかもしれない

野球はプレーが細かく難しいスポーツ。
捕る、打つ、投げる、走る、全てに基礎基本がある。さらに頭を使わなくてはいけない。

最終的には野球は心理的な部分が大事になるが、それは一つ一つ基礎基本の形がある程度できるようになってからでないと、心理戦に持ち込むのはなかなか難しい事かもしれない。

特に小・中学生のうちにやっておかないといけない事はたくさんある。
体の柔軟性、野球に必要な体力面、野球で求められる速さや強さ、そこには絶対的に目を向けなくてはいけない。
ボールを使う前の段階で、すでに重要な事が山ほどある。

キャッチボールの大切さも何度も何度も見直し、投げ方、捕り方、足の使い方、全てに基本がある事を忘れてはいけない。
グラブ捌きや各ポジションで必要な事、そこにもきちんと目を向けて説明しなくては進歩していかないと思う。

打ち方も野球に必要な走力も、誰にも教わる事なくできる子はいない。

だからこそ、基礎基本を中心に、高校野球の世界に行くまでにやっておかなくてはいけない事は、徹底してやるべきだと思う。

色々な高校の監督や関係者と話をすると、ここ数年、良い選手が減ったとよく聞く。
小・中学生の試合の増加による練習不足、指導力の問題、指導に恵まれない子供たちの多さ、反発力の強いバットなど道具の進化に頼りすぎている部分など色々闇は多いのかもしれない。
それが子供の野球の当たり前にならないように、毎日毎日粘り強く、繰り返し基礎基本練習を徹底するつもりでいる。

自分はできる、うちの息子はできていると思っている人が多いが、それは思い込んでいるだけかもしれない。
実際には伸び悩んだり、うまくいかずに諦めてしまう人が多い世界。

だからこそ、技術的な基礎基本、そこに向き合うための考え方、その一番大切なところから育てたいと思う。

関連記事

最近の記事
おすすめ記事
  1. 全ての人に分かってもらう必要はない

  2. 練習量は大事

  3. 変わるタイミング・変われるタイミングを見逃さないように

  1. 登録されている記事はございません。
TOP