ブログ

名東野球塾の門出!

豆だらけの手その昔、私が中学生のころ元プロ野球選手だった父の指導を受け毎日日が暮れるまでバットを振り、ボールを投げ、走りこみ・・・

今は手に豆ができたことを誇らしげに話しをする子供達に囲まれています。

正直な話ですが、当時はホントに厳しい練習メニューをこなしていました。

でも、不思議なもので厳しい練習でしたが夢中になっていた自分を思い出します。

そして、今自分が社会人を経験し父の立場に少し近づくことができ子供達と一生懸命汗を流しています。

何が楽しいかって言えば、子供達がドンドン成長していく姿が見えるからです。

私はこれからその「伝説の野球塾」の想いを引き継ぎ、少しでも多くの野球が大好きな子供達と一緒に頑張って生きたいと思っています!

関連記事

最近の記事
おすすめ記事
  1. 考える夏

  2. 昭和と令和

  3. 感情のコントロール

  1. 登録されている記事はございません。
TOP