ブログ

負けた方が学べる

IMG_7290

 

 

まだ真夏はこれからですが、プロ野球、社会人、高校野球も熱い戦いが連日続き、野球シーズン真っ盛りといった感じです。
道場もゴールデンウィークの厳しい練習を終え、いよいよ真夏へと入っていくために、さらにスタミナ強化をして、技術レベルも上げていきたいところです。
練習と同時に勉強のための試合もやっています。
悔しいですが、負けるという事は、成長のための大きなヒントを得られる貴重な体験だと思います。
相手は、中学3年生のチーム、道場は中学2年・1年生のチームで戦いますから、やはり、力の差は出る場面もあります。
相手も強豪チームばかりですから、大差で負ける時もありますし、予想以上に良い試合をする時もあります。
ミスや力不足を感じるのは付き物です。

IMG_2902
学年が上の選手と今の自分は何が違うのか、自分に足りないものは何なのか、その足りないものを克服していくために、何からやっていけばいいか、そんな事を負けた時は考える事ができます。
試合ですから、たまたま調子が良く、勝ったりもしますが、やはり、負けた時と比べると、謙虚さや自分自身の向き合い方が甘いと思います。
自分が中学3年生になった時には、今日の試合で負けた相手の中学3年生チームの選手達よりはもっとうまくなっていたい…そういう考え方で、負けた試合を有効に使って欲しいと選手達には思います。
勝てばうれしいですが、私は負けの方が必要だと思っています。
勝敗で良い悪いを決める人もいますが、私は全く気にしていませんし、別に恥ずかしい事でもありません。
負けた試合には、ヒントがゴロゴロ落ちています。
そんな考え方を選手に教え、また一歩前へ踏み出せるように、背中を押してあげたいと思います。

関連記事

最近の記事
おすすめ記事
  1. 全ての人に分かってもらう必要はない

  2. 練習量は大事

  3. 変わるタイミング・変われるタイミングを見逃さないように

  1. 登録されている記事はございません。
TOP