ブログ

選手たちの力を伸ばすためには

夏休みも無事に終わった。
猛暑の中、選手たちは本当によく頑張ってくれた。

今回の夏休み、私は二つの目標を持っていた。

一つは、毎日しっかり練習をする中で、熱中症などダウンしてしまう選手を出さない事。

二つ目は、選手たちに改めて野球の楽しさ、スポーツの楽しさを教え、先輩・同期・後輩を大切にする気持ちを伝える事だった。

夏休み平日の練習、朝から猛暑の中だったが、熱中症を出さず、毎日コツコツ基礎練習を積み重ねる事ができた。
メニューや選手たちとのコミュニケーションの取り方も考えた。

二つ目の目標も、選手たちの姿勢や表情、練習態度などを見ていれば、自分に厳しく人に優しくやってくれたのは伝わってくる。

今まででも1.2を争うほど充実した夏休みだったと思う。選手たちに本当に感謝している。

IMG_5361

選手たちの力を伸ばすためにはどうしたらいいか…毎日毎日朝から晩まで考えている。
時に悩んで眠れない時もあれば、良い考えが浮かび、翌日の練習が楽しみで眠れない時もある。
大切にしたいのは、選手たちの技術よりも心。技術と心は連動している。
心の成長無くして技術の成長はなし。私は常にそう思っている。
心を成長させるのに必要なのは指導者だ。
選手たちは、純粋に素直に野球を楽しんで、仲間たちと頑張って欲しい。
それ以外で選手たちに求めているものは何もない。
あとは全て指導者しだいだと思っているからだ。

IMG_5362

色々な指導者と話をすると「今の子は…」「俺の時代は…」「根性がない!」というセリフをよく耳にする。
私はそのセリフがあまり好きではない。

環境も時代も違う中で、自分たちと今の子供たちを比較する事がそもそも間違っていると思う。
環境や時代が発展へ向かって、世の中がすごいスピードで進化していた私の時代と、
物が溢れ明るい話が少ない世の中で生きる今の選手たちを比較する事なんてできない。
そして今の時代は、すぐにSNSなど良い部分もあるが、人を攻撃してしまえる環境もある。
そんな世の中で、夢と目標を追うのも大変な時代に頑張っている選手たちの方がよっぽど大したもんだと思う。
人と人、時代と時代を比較する前に、まず昔と今を切り離し、今の時代を勉強する必要があると思う。

どのスポーツでも、昔の記録をどんどん塗り替えている今の若者たち。持っている能力や発展した練習方法は、比較できないほど進化している。

野球界も、子供の野球人口が問題視されているが、1番の原因は指導者にあると思う。

IMG_5363

日本の野球は厳しい事、苦しみに耐え抜く事を美談とするような精神がまだまだ主流になっているが、私は違うと思う。
厳しく激しくの前に、楽しく子供らしくが一番。
叱る事より向き合う事、突き放すより寄り添う事を大切にしたい。

私も指導者である以上、選手たちの力を伸ばすためにはどうしたらいいのかを常に考えているが、
選手たちの大事な人生を一緒に背負うぐらいの姿勢で尽くしてあげたいと思う。

失敗する事がいけない事、失敗する事に怖さを感じる…そう思っている選手たちも本当に多いのが現状。
昔からの伝統のようなそんな考え方は道場では捨てるべきだと考えている。

失敗から学ぶ事の方が多い。失敗が重なってくるということは成功が近いと私は考えて選手たちと向き合っている。

羨ましいぐらい色々な才能を持った選手たちの力を伸ばすために、これからも私が努力していきたい。

IMG_5364

関連記事

最近の記事
おすすめ記事
  1. とにかくやる

  2. 少し昔に戻る覚悟で

  3. 今の私に何が足らないのか

  1. 登録されている記事はございません。
TOP