ブログ

私の野球人生

練習着先日、洋服の整理をしていたら、高校や大学時代のチームTシャツが出てきました。

懐かしいな…と眺めていましたが、同時に当時の苦しみや喜び、後悔なども思い出しました。中学から野球を始めた私は、何とか必死に上手い人にくらいついて無我夢中で練習をしていました。

運もよく、高校や大学でも野球ができ、最高の恩師や仲間とも出会えました。
しかし、残念ながらセンスもなく、プロ野球生活の長かった父の壁ははるかに高く、ケガもよくして、思い描いた野球人生ではありませんでした。あの時こうしたら良かったな..と後悔しても、もう遅いです。

指導者として野球界に復帰したのも、野球界や父への恩返しもありますし、私のような選手にならないように、私をはるかに超えて大物になる選手を育てたいからです。

だからこそ、指導.育成のプロとして、長い年月をかけて必死に勉強をしました。

改めて、野球を勉強してみると、自分でやるより、育てる方がはるかに難しいです。自分の経験値だけでは、簡単に教えれるほど野球は甘くないです。自分の経歴や成績なんかどうでもいいんです。

うちの塾に来てくれる子供達が野球ファンに注目されるようなスーパースターになれば、私の残した後悔も一緒に消えていくかもしれません。

毎日、厳しい練習メニューを楽しみながら必死に頑張っている子供達は、すでに私なんかよりもセンスにあふれ、将来有望です。素晴らしい仲間も増えてきて、競争も激しくなってきました。みんなの夢を叶えるために私も毎日必死です。

現役の頃よりも、子供達の夢を一緒に追いかけてる今の野球人生の方が私は好きです。

関連記事

最近の記事
おすすめ記事
  1. 全ての人に分かってもらう必要はない

  2. 練習量は大事

  3. 変わるタイミング・変われるタイミングを見逃さないように

  1. 登録されている記事はございません。
TOP