ブログ

本当の意味で野球が楽しくなるために

 

1月いっばいで終わる真冬のトレーニングから、2月のキャンプインに向けて、ぼちぼち練習内容が変わる時期に入ってきました。選手達は、ここまで我慢と辛抱と努力で本当によく頑張っています。

基本中の基本練習から、徐々に細かな技術の練習も混ざり、シーズンを迎えていきます。

選手達は、過去にチームや部活に所属してやってきました。

ほぼ全部の選手が勝つための野球をやってきました。

勝つ野球…聞こえは良く、それが正しく思えますが、それが正しい野球となるのは高校からです。

小学生、中学生はやはり育てる野球でないといけないと思います。

勝つ喜び、負ける喜びも野球の中では大切です。でもその前に、野球選手として絶対に必要な技術や体、メンタルを身につける事が先です。

野球は、チームプレーが必要な団体競技でありながら、生き残っていくのは個人です。練習の時も試合の時も、全体の結果がどうこうよりも、練習や試合の中で自分がどうであったかを考えるべきだと私は教えます。

対戦相手や他の選手の事を話す前に、必ず出てくる自分の未熟さを克服するために自分がどうしたら良いか…を考えながら野球と向き合って欲しいと思います。

今まででは知らなかった・できなかった技術を知り、できるようになってきて、初めて自信が付き、本当の意味で楽しくなってきます。その日を掴みに行くために、今、自分のために頑張る事だと思います。

関連記事

最近の記事
おすすめ記事
  1. 全ての人に分かってもらう必要はない

  2. 練習量は大事

  3. 変わるタイミング・変われるタイミングを見逃さないように

  1. 登録されている記事はございません。
TOP